極彩色の華やかな屋台と冬の花火。埼玉県「秩父夜祭」で豪華絢爛な祭りを楽しもう

  • 2517 |
  • 最終更新:

毎年12月2日~3日にかけて、埼玉県秩父市では「秩父神社」の例大祭「秩父夜祭」が開催されます。その起源は寛文年間(約三百数十年前)にまでさかのぼり、京都祇園祭、飛騨高山祭と共に「日本三大曳山祭」のひとつとして全国的に知られています。その伝統ある大祭「秩父夜祭」の特長と見どころについてご紹介しましょう。

http://www.chichibu-matsuri.jp/

秩父夜祭って、どんなお祭り?

12月1日~6日まで開催される秩父神社例大祭。6つの屋台町で、さまざまな伝統芸能が上演される屋台行事が繰り広げられます。お祭りのメインとなるのは、3日に開催される大祭。その前日の2日とあわせてこの2日間は秩父夜祭として盛り上がります
2日は「宵マチ」と呼ばれ、午後から屋台の宮参りが行われ、夜には旧秩父往還の大通りを曳行されます。3日は、朝8時から4日の未明まで2台の笠鉾と4台の屋台が秩父屋台ばやしに乗って市街地を曳行されます。また、4台の屋台では地元の女子が「曳き踊り」を演じ、午後には当番の屋台町で「屋台歌舞伎」が上演されます。ぼんぼりの灯りが揺れる笠鉾と極彩色の屋台の豪華絢爛な共演は、他のお祭りでは見られません。これら一連の「秩父祭の屋台行事」は、国の重要民俗文化財に指定されています。

ぜひ観ておきたい「屋台歌舞伎」と「秩父神楽」

当番の屋台によって上演される「屋台歌舞伎」は、演目の決定や配役の選出から数えると1年以上かけて準備されるという本格派。屋台に出っ張りを付けて芸座を組み立てて上演するという独特なスタイルは、全国でも珍しいのだそうです。歌舞伎そのものの芸術性はもちろん、その舞台の準備から撤収までの手際の良さも見逃せません。6基の山車の勇壮な曳き回しの後は、ぜひ屋台歌舞伎を鑑賞しましょう。

また、2日3日の両日とも、秩父神社の神楽殿では「秩父神社神楽」を観ることができます。笠鉾や屋台の秩父屋台囃子の賑やかさとは対照的な厳かな雰囲気で、この秩父神楽もまた国の重要民俗文化財に指定されています。

秩父の花火は「冬」が常識!

秩父夜祭りのもうひとつの大きな見どころは、この豪華絢爛な笠鉾と屋台行事に、花を添える花火です。花火といえば夏の風物詩ですが、秩父っ子たちにとっては冬が常識!芝桜で有名な羊山から打ち上げられる数々の尺玉やスターマインが、真冬の澄んだ空気の中で鮮明に、ダイナミックに花開きます。
2015年の師走の初めは、豪華さや華やかさと、歴史ある神事ならではの厳かさを併せ持つ「秩父夜祭」に、出かけてみましょう。

■スポット詳細
名称:秩父夜祭 
所在地:埼玉県秩父市中心街
開催期間:毎年12月2日~3日
公式サイト:http://www.chichibu.tv/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ