ぶどうのパフェやカクテルも!資生堂パーラー 銀座本店に9月限定『ぶどう』のメニューが登場!

  • 1710 |
  • 最終更新:

資生堂パーラー銀座本店サロン・ド・カフェとBar Sでは9月1日(火)から9月30日(水)までの間、秋の味覚であるぶどうをふんだんに使った新作のパフェ、アイスクリームソーダ、カクテルを販売します。

資生堂パーラーとは

「資生堂パーラー」は銀座8丁目の資生堂薬局の一角で、ソーダ水やアイスクリームの販売から始まりました。1928年にレストラン業に本格的に進出してからは、その確かな味とこだわりで、西洋料理の草分け的な存在として常に銀座のシンボルであり続けています。そして、現在は多様な事業を展開しつつ、様々な食の形を提案しており、銀座だけではなく日本を代表する企業の一つになっています。

9月限定!こだわりのぶどうを、サロン・ド・カフェで贅沢に楽しむ

格調高い家具と真っ白なテーブルクロスが、ゆったりとしたひとときを演出するサロン・ド・カフェでは、長野県飯塚果樹園のシャインマスカットとおすすめのぶどう3種類をふんだんに使い、さらにさっぱりとした味わいの自家製ぶどうシャーベットを合わせた「長野県 飯塚果樹園産 シャインマスカットと3種のぶどうパフェ」を販売。ぶどう3種類はその時で1番おいしい品種を選ぶというこだわりが光るものとなっています。また紫色が美しいアイスクリームソーダーも秋の味覚が漂う一品となっています。

ぶどうのカクテル!Bar Sで大人なひとときに酔いしれよう

今年の5月にオープンしたBar Sは開閉式の天窓から銀座の空を覗ける大人な雰囲気のバーラウンジ。そんな大人の憩いの空間では、2種類のぶどうの新作カクテルを味わうことができます。マスカットリキュールをベースにした「なつなごり」は秋の訪れをイメージしたもの、一方の「ありのみ」はぶどうのウォッカに梨のリキュール、マスカットリキュールとフレッシュ幸水を合わせて、秋の実りをイメージしたものです。サロン・ド・カフェとはまた違う雰囲気で優雅なひとときを演出します。もちろん、サロン・ド・カフェで過ごした後、さらにBar Sに上がって、それぞれの空間とこだわりのぶどうを堪能することもできます。

 

資生堂パーラー銀座本店サロン・ド・カフェ

住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3F
営業時間:火〜土曜日 11時〜21時(LO 20時30分) 日曜日 11時〜20時(LO19時30分)
定休日:月曜日 ※祝日の場合は営業

WEB:http://parlour.shiseido.co.jp/index.html

 

Bar S
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル11F
営業時間:月〜金曜日 17時〜23時30分
           (L.O.23時、フードメニューは22時30分、メニューにより21時30分)

定休日:土、日、祝日
WEB:http://parlour.shiseido.co.jp/bar/s
※カバーチャージ 20時以降、一人につき1,000円
※ラウンジエリアのみ終日1,000円

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ