世界遺産にもなった軍艦島がデジタル技術でよみがえる!「軍艦島デジタルミュージアム」は必見

  • 1195 |
  • 最終更新:

「軍艦島デジタルミュージアム」が、9月中旬に長崎市でオープンすることになりました。デジタルコンテンツを駆使して、軍艦島が栄えた当時の暮らしを疑似体験することができます。上陸ツアーとは一味違った魅力を紹介します。

prtimes.jp

「軍艦島デジタルミュージアム」とは?

軍艦島は、長崎県にある小さな島で、正式名称は「端島(はしま)」と言います。炭鉱採掘の島として日本の近代化を支えましたが、石油へのエネルギー転換により衰退し、現在は無人島になっていますが、2015年7月には世界遺産にも登録され、いまとても注目されているスポットです。
そんな軍艦島の歴史や文化をデジタル技術で再現したのが、「軍艦島デジタルミュージアム」です。当時の写真や映像をもとに、プロジェクションマッピングなど最先端の技術を用いて、かつての軍艦島をいまに蘇らせます。

テクノロジーを駆使した注目のコンテンツが多数!

まず注目なのは、「映像ギャラリー」です。こちらでは、3D化された軍艦島の映像を見ることができます。ドローンにより空撮された4,000枚もの写真を3Dにしたもので、軍艦島の現在の姿を見てみましょう。いまの様子をまず知っておくことで、かつての暮らしをより感じることができます。
また「軍艦島シンフォニー」では、大型のスクリーンを使用して当時の写真や映像を見ることができます。当時撮られた3,000枚もの写真が使用され、動画を組み合わせた演出がなされます。人々の暮らしはもちろん、炭鉱で働く鉱員たちの姿まで、島民の生活を感じることができます。
「炭鉱現場への道」では、炭鉱現場への様子がCGで再現されています。まずは地下606mの採掘場まで、鉱員たちとともにCG上のエスカレーターに乗り込みます。深度計が連動して動いていくので、リアルな空気感が伝わります。その後、トロッコに乗って採掘の持ち場へと向かいます。

展示とリアルを通して軍艦島の歴史を知ろう

その他にも、「65号棟の暮らし」と題されたコンテンツでは、島内最大規模を誇った鉄筋コンクリートアパート「65号棟」の部屋の様子をリアルに再現しています。裕福な暮らしぶりだった彼らの様子を感じてみてください。また、絹谷香菜子さんが描いた「Wonder Island」という軍艦島の水墨画も展示されてありますので、要チェックです。
軍艦島へのツアーに行く方にもぜひオススメしたい「軍艦島デジタルミュージアム」。こちらで当時の暮らしを感じてから、実際に島に行ってみるのもおすすめです!

イベント詳細
名称: 軍艦島デジタルミュージアム
所在地: 長崎県長崎市松が枝町5-6
営業時間: 9時~20時(年中無休)
料金: 一般1800円、中学生・高校生1300円、小学生800円、幼児(3~6歳)500円、3歳未満無料
公式サイト: http://gdm.nagasaki.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ