グルメ&音楽の祭典、ひたちなかフーバーズ2015で連休をゴキゲンに過ごそう!

  • 4715 |
  • 最終更新:

9月19日(土)から9月23日(水)の5日間、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で関東最大級のグルメと音楽の祭典「ひたちなかフーバーズ2015」が開催されます。シルバーウィークは、食べて飲んで、そして音楽で盛り上がりましょう!

www.foobars.jp

「ひたちなかフーバーズ2015」の魅力

音楽やダンスイベントと、グルメ系イベントを融合させて新しいエンターテイメントを創ることを目的に始められたイベント「ひたちなかフーバーズ」。フーバーズとは、フード(food)とバー(bar)を合わせて作られた名前です。。食もお酒も音楽も、世代も超えて老若男女みんなが楽しめる「何でもあって楽しいイベント」を目指しています。

音楽フェスとしても充実!海外で活躍するクラブDJも参加。

音楽イベントには、国内外で活躍するプロのアーティスト、DJが多数参加。日替わりでパフォーマンスを披露します。そしてそれだけでなく、地元で活躍するミュージシャン、ダンスサークル、吹奏楽団などが次々と会場を盛り上げてくれます。
出演アーティストはこちらでチェック! 

厳選されたフードメニュー「B級なんて言わせない!」

ひたちなかフーバーズの出店店舗には「本気で美味い店」だけを厳選。他のイベントでは絶対に出店しない店や、採算度外視で本気の料理を提供する店など「折り紙付きのA級グルメ」が取り揃えられました。
ひたちなか市勝田駅前のスペイン料理屋「スペイン料理 勝田バル・マル」の「モロッコ風ラム肉のハーブ焼き」や「スペインオムレツ」。カワシマ食品の国産野菜100%の「豚キムチ丼」、手作りハムの店「五浦ハム」からはイベント出店の時だけオリジナルメニュー「ハム焼」や「豚ドッグ」、「厚切スモーク牛タン焼」など、ここでしか味わえない逸品が並びます。

ドイツ、ベルギー…世界のビールが飲める!

ヨーロッパ中からビールを輸入するインポーターがイベントに参加。本場ドイツはもちろんのこと、スペイン、ベルギー、フランス、イギリスなど、さまざまなビールを会場で楽しめます。日本からは地元茨城のクラフトビール「常陸野ネストビール」が出品。会場に華を添えます。

会場では年齢確認などの後、飲酒の来場者向けに「フーバーズリストバンド」を提供。イベント開催期間中、このリストバンドをひたちなか市内の提携レストランや宿泊施設で提示すると、さまざまな特典を受けられます。

イベント詳細
名称:ひたちなかフーバーズ2015
所在地:茨城県ひたちなか市馬渡605-4 国営ひたち海浜公園
※期間中会場までは阿字ヶ浦駅より無料バス「コキアシャトルバス」も運行
営業期間:2015年9月19日〜2015年9月23日 
営業時間:9:30〜16:30 オーダーストップは16時
料金:大人 410 円 (海浜公園入園料、シルバー210円、小人80円)
公式サイト:http://www.foobars.jp/hitachinaka

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ