光に溢れた風景を感じる、河野鉄平の写真展「風と光の行く手」が銀座で10月2日より開催

  • 1484 |
  • 最終更新:

10月2日(金)から11月3日(火)までの期間、ポーラ ミュージアム アネックスにて、カメラ雑誌や書籍の撮影などを中心に活躍中の若手写真家、河野鉄平の写真展「風と光の行く手」が開催されます。美しい写真の数々を入場無料で見ることができる今回の展示、芸術の秋のお出かけスポットとして、ぜひチェックしてみてください。

 

若手写真家「河野鉄平」とは

若手写真家、河野鉄平は、20代向けのフォトカルチャー雑誌「PHaT PHOTO」発行人のテラウチマサトに師事し、「PHaT PHOTO」の立ち上げにも参加、現在は「PHaT PHOTO」を離れ、フリーで活動し、カメラ雑誌、書籍やコマーシャルの撮影、執筆業も積極的に行い、著書は20冊以上に及びます。またProfoto公認のトレーナーを務め、多くのセミナーを開催するなど幅広い活動を行い注目を集めています。

写真展「風と光の行く手」の見所は?

昨年開いた写真展「頰をかすめる風になる 光 空を編む」が全国72カ所のギャラリーで開催され、その美しい釧路の自然と鶴の写真の数々が賞賛されました。そして昨年に引き続き、今年も写真展を開催します。

「風と光と行く手」というタイトルそのままに、四季折々の日本の美しい自然を追い求めて、その一瞬のチャンスを逃さずにシャッターを押し続ける河野鉄平の真骨頂ともいえる写真の数々は、光が写真から溢れ出てくるかのような美しさに満ちています。

彼の手によって切り取られた、光と風の息吹に満ち溢れた風景の数々に、あらためて自然の偉大さと凛とした美しさを感じれること間違いなしです。

河野鉄平流カメラテクニックを学んでみよう

河野鉄平はカメラ書籍の執筆も多数行っていることで有名です。その書籍の多くは初心者でもわかりやすく説明されてるものや、誰しもが持っているデジタルカメラを使った撮影テクニックなどを取り扱ったものです。また、セミナーも積極的に行っていますので写真の撮影に興味がある方はそちらもチェックしてみてください。


 

イベント詳細
展覧会名:河野鉄平写真展「風と光の行く手」
会場:ポーラ ミュージアム アネックス
住所:中央区銀座 1-7-7 ポーラ銀座ビル 3 階
開催期間:2015年10月2日(金)から11月3日(火・祝) ※会期中無休
開館時間:11:00 - 20:00 (入場は 19:30 まで)
入場料金:無料
ホームページ:http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/
 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ