秋空の下でビールが楽しめる「大阪城 クラフトビア ホリデイ」10月9日から12日まで開催!

  • 3257 |
  • 最終更新:

日本全国のクラフトビールが味わえる「大阪城クラフトビアホリデイ」がJR大阪城公園前広場で10月9日(金)から10月12日(月・祝)まで開催されます。ここでは、その魅力を紹介します。

「大阪城クラフトビアホリデイ」とは?

ここ数年、盛り上がりをみせているクラフトビール。全国各地で様々なイベントが連日開かれ、ビアレストランも次々とオープンしています。
今秋、初開催となるこのビアイベントは、気持ちのよい秋空の下、歴史ある大阪城を目の前に、開放的な気分で全国各地のクラフトビールやビールによく合うフードを味わえるというものです。まさに食欲の秋、そして食い倒れの街にぴったりのビアイベントとなっています。

個性派ぞろいのビールとフードが秋空の下、大集合!

「クラフトビールファンはもちろん、今まで馴染みの薄かった方にも、その奥深さを知っていただきたい。」というコンセプトのもと開催される「大阪城クラフトビアホリデイ」。世界的なビールコンペで金賞に輝いた「箕面ビール」、各国で様々な受賞歴がある「常陸野ネストビール」や「Konishiビール」など日本各地から厳選されたクラフトビールブルワリー20社が出店予定となっています。

もう一つの主役はビールと相性抜群のフード。

関西初出店、イベント初出店を含む10店舗が参加予定のフードコーナには海鮮系、洋食系、揚げ物、ピッツア、プレッツェルなど、こだわりの名店が登場します。
メディアにも注目され予約困難といわれる鉄板焼き「コアラ食堂」の初出店、惜しまれつつも2013年に閉店した「京橋焼鳥うずら屋」の復活、また「パティシ エス コヤマ」のイベントのみの限定販売となるプレッツェルなどフードメニューも期待できるものばかりです。ビールファンからビールが飲めない子供まで楽しめるものとなっています。

オリジナルグラスにビールを注いで、その色と味を楽しもう

チケット制となる同イベントですが、チケットを買うと必ずグラスが付いてきます。この容量たっぷり360mlのグラスはこのイベントだけのオリジナルグラス。ゴミの軽量化などのために考え出されたもので、各店舗とも、このグラスにのみビールを注ぐ仕組みになっています。ビールが映える美しい形とオリジナルキャラクターが描かれたこのグラスで、開放的にビールをお楽しみください。

イベント詳細
名称 大阪城クラフトビアホリデイ
会場 JR大阪城公園前広場
場所 大阪市中央区大阪城
開催期間 10月9日(金)から10月12日(月・祝)まで
時間 10月9日(金) 17時から21時まで
   10月9日(土) 11時から21時まで
   10月9日(日) 11時から21時まで
   10月9日(月・祝) 11時から19時まで

チケット料金 前売り券 3200円(税込) チケット10枚(5杯相当)+オリジナルグラス
      ※前売券の取り扱いは10月9日(日)23時59分まで
       当日券 3500円(税込) チケット10枚(5杯相当)+オリジナルグラス
HP http://beerholiday.jp/index.html
   https://www.facebook.com/craft.beer.holiday

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ