街中がアートであふれる!山口県宇部市「第26回UBEビエンナーレ」でアートを身近に感じよう

  • 1312 |
  • 最終更新:

2015年10月4日(日)から11月29日(日)まで、山口県宇部市で「第26回UBEビエンナーレ」が開催されます。期間中はUBEビエンナーレを中心に、宇部市が一体となったアートイベントが行われ、街中がアートであふれます。

http://ameblo.jp/

「第26回UBEビエンナーレ」とは

宇部市の彫刻展の歴史は古く、1961年に開催された日本で最初の野外彫刻展「宇部市野外彫刻展」が始まりでした。その後、1963年「全国彫刻コンクール応募展」、1965年から「現代日本彫刻展」、2009年から「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」と名称を変えながら隔年で行われている日本最大級にして歴史ある現代日本彫刻展へと成長し、国際的にも注目を集めるアートイベントとして定着しています。

第26回UBEビエンナーレでは、2014年9月に行われた一次審査で集まった30カ国266点の応募作品の中から、5カ国18点の野外彫刻が広大な湖に面した緑豊かな会場に展示され、10月3日に行われる二次審査で受賞作品が決定します。

イベント会期中は、ボランティアによる彫刻ガイドに作品の解説をしてもらったり、来場者による人気投票が行われたり、また、質問用紙を通して彫刻家に質問できる機会もあり、彫刻をより身近に感じることができます。

また、10月10日(土)~11月29日(日)のうち金土日祝・祝前日には彫刻の夜間ライトアップも行われ、日中とは違った姿が楽しめます。

まちじゅうアートフェスタ2015も併催

 第26回UBEビエンナーレ開催中は、宇部市一帯でさまざまなアートイベントが併催され、街中でアートが楽しめます。

うべの里アートフェスタ

宇部市北部地域で開催されるアートイベントです。メイン会場では、廃校を活用した展示や野外彫刻の設置が行われ、歌やダンス、地元アーティスト・彫刻家らによる参加型ワークショップも予定されています。また、地元の特産品の販売や、「ゆうれい寿司」、「竿まんじゅう」といった郷土色豊かな食も提供されます。

まちなかアートフェスタ

 宇部市中心市街に「世界に1つのアート」を集め、通りや商店街、店舗をアートの世界に変身させるイベントです。幼稚園児から大人まで、市民が描いた1.9m×2.9mの巨大絵画がアーケードに展示されます。また、公募の中から選ばれた川柳を記したフラッグが街を彩り、営業中の店舗や空き店舗を利用した展覧会なども行われます。

宇部市芸術祭

陶芸、華道、短歌、演劇など、多彩な芸術・文化活動を楽しめる市民参加型のイベントです。宇部市内の9つの会場にて計28件の催しが行われます。芸術の秋、街いっぱいにあふれるアートに触れに宇部を訪れてみてはいかがでしょう。

■イベント詳細 
名称:第26回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)
所在地:山口県宇部市野中3-4-29 (ときわミュージアム)
営業期間:2015年10月4日(日)~11月29日(日)
公式サイト:http://www.city.ube.yamaguchi.jp/kyouyou/machijuu_art/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ