オリジナルのミートボールを作る!?カスタマイズミートボール専門店が銀座にオープン!

  • 1706 |
  • 最終更新:

オーガニックレストランで新境地を開拓している株式会社グリップセカンドが、2015年9月18日(金)に、「RACINES MEATBALL & LOCAL TABLE」を銀座にオープンします。今回のお店では、なんと来店者自身がミートボールをカスタマイズできるという斬新なコンセプトです!店舗の魅力についてご紹介します。

www.facebook.com

RACINES MEATBALL & LOCAL TABLEとは?

お店のコンセプトは「過去の新しさと未来の懐かしさ」という逆転の発想です。すべてのメニューを手作りで提供し、「Eat Local EAT Good」をモットーにしています。こちらのお店は、「日本の素晴らしい地方(Local)」や、食材の作り手である「生産者」と、我々消費者とをレストランを介してつなぐという企画の第一弾となります。今回は銀座への出店ですが、10月には池袋へ第二弾店舗をオープンする予定となっています。
お店の名前にもなっている「LOCAL TABLE」とは、生産者の立場を重要視して、旬の食材を食べるべきときに自然な形で提供し、消費者であるゲストに楽しんでもらうというものです。その季節に味わうのが一番な食材を、自然に逆らうことなく素朴な形で調理することを大切にしています。

自分でカスタマイズできる!MEATBALLとは?

これはもちろんミートボールですが、普通のミートボールとは異なります。来店者自身がミートボールをカスタマイズすることができます。ミートボールカスタマイズには3つのステップがあります。
1.素材を選ぶ
牛肉、豚肉、鶏肉の中から好きな素材を選ぶことができます。その日の気分や体調に合わせて、あるいは次で説明するソースのことを考えて選ぶことができます。
2.ソースを選ぶ
ソースは、トマト・バジル・クリーム・バーベキューの4種類から選べます。素材に合わせて、好みのソースを選びましょう。
3.サイドメニューを選ぶ
ミートボールに合うサイドメニューが選べます。ライス・パスタ・野菜・マッシュポテトなどです。

以上の3ステップを経てみると、素朴なイメージのミートボールがご馳走に感じてきませんか?自分でカスタマイズすることで、より楽しく、そしておいしくミートボールを食べることができます。

ドリンクも充実!ワイン好きも大満足

ドリンクが充実しているのも、こちらのお店の魅力のひとつです。ヨーロッパの自然派ワインをたくさん用意しており、月替わりで12種類のグラスワインを楽しめます。さらに、ワインの「ボトルキープ」も可能なんです。その理由は、ワインを酸化させないワインセーバー「VINO-BARISTA」を導入したことにあります。最後までワイン本来の味わいを楽しむことができるので、ワイン好きにはうれしいサービスです。
また同レストランでは、月替わりのお弁当を販売する「Peko-peko-bento.com」と自然派食の物販を行う「RACINES MARKET」が併設されています。どちらも要チェックです。

店舗詳細
店舗名: RACINES MEATBALL & LOCAL TABLE
所在地:東京都中央区銀座5-7-10 EXITMELSA地下1F
営業時間:11:00-23:00
公式サイト: http://racines-ginza.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ