香川県のうどんの名店が東京に上陸!「香川一福」のうどんと天ぷらのおいしさ

  • 2567 |
  • 最終更新:

香川県にあるうどんの名店「一福」が、2015年8月28日に東京・神田に新店舗をオープンしました。うどん県と呼ばれる香川県の、数あるうどん屋の中でも特に名店といわれる「一福」のおいしいうどんをご紹介していきます。 

uchoten.jugem.jp

「一福」とは? 

「一福」は、香川県高松市にある大人気のうどん屋です。シンプルであっさりしながらもコクのあるスープと、コシと艶のある麺が評判です。「うどん県」という異名をとるほどの讃岐うどんの本場で、ひときわ存在感を放つ「一福」。そのお店が、東京の神田に店舗を構えることになったとあって、すでに人気店になっています。
香川県にある本店では、平日の営業は10時から14時までという短い時間ですが、神田店の「香川一福」は、平日11時から20時までと営業時間が長いので、食べられるチャンスも増えたといえます。ちなみに、土曜日は11時から17時までの営業、日曜日は定休日です。

うどんのおいしさ

麺は讃岐うどん特有のコシがあり、艶やかな見た目は食欲をそそります。また、程よい弾力があるため食感もいいんです。スープは、透明感があり、旨みが凝縮されています。あっさりとした印象ながらコクがあり、癖になる味です。
シンプルにうどんを味わったあとは、トッピングに天かすを加えてみましょう。旨みが増すと同時に、天かすのサクサクとした食感が加わり、麺との相性も抜群です。さらにすりごまを適量入れてみると、香ばしさがプラスされ、最高の味わいを感じることができること間違いなしです。

天ぷらもおいしい!

「一福」が普通のうどん屋と異なるのは、うどんのおいしさはもちろんのことですが、天ぷらのクオリティが非常に高い点にあります。素材のおいしさを活かしながら、絶妙な揚げ加減でサクサクの衣が完成します。ジューシーなおいしさの中身と衣のコラボレーションは、うどん店の天ぷらの粋を超えた美味しさとなっています。お酒を飲みながら、この天ぷらを味わうのもオススメです。

香川県が誇る名店「一福」。一度食べたら病みつきになる味を堪能してみてください!

イベント詳細

店舗名: 香川一福
所在地:東京都千代田区内神田1-18-11 東京ロイヤルプラザ102
営業時間:
[月~金] 11:00~20:00閉店(麺が無くなり次第終了となります。)
[土] 11:00~17:00閉店(麺が無くなり次第終了となります。)
公式サイト: http://www.udon-ippuku.com/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ