【9月18日~27日】お気に入りの夜景を見つけよう!浅草橋で「行ける工場夜景展」開催

  • 2636 |
  • 最終更新:

実際に行くことができるスポットのみを集めた、合同写真企画展「行ける工場夜景展」が9月18日(金)~27日(日)まで、東京都台東区浅草橋のギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」で開催されます。

「行ける工場夜景展」とは?

本展の最大の特徴は、実際にすぐに行ける工場の写真のみを展示していることです。展示作品や会場で販売される公式ガイドブックには、工場へのアクセス方法や工場夜景の解説が記載されています。展示会を楽しんだ後に、実際に現地へ足を運んでみるのも楽しいですね。
写真を見て感じ、想像するだけでなく、その想像や感動を現地に行ってより深いものにできる、ありそうでなかった新しいスタイルの写真展です。

工場夜景の魅力

無機質な建物に灯る光が幻想的な世界を創り出す工場の夜景。飾り立てることを目的としたライトアップではなく、ただそこにあることで放つ存在感は見る人を圧倒します。
数年前には「工場萌え」という言葉が誕生しました。それに伴い、工場に関する写真集が相次いでヒットしました。現在では工場夜景を鑑賞するクルーズツアーが多く組まれるほど、老若男女を問わず多くの人を魅了しています。

豪華カメラマンが作品を出展

 「行ける工場夜景展」では、11組のアーティストが参加予定です。特に注目の写真家を紹介します。

森大輔氏
室蘭を中心に活躍するアーティストであり、さまざまなフォトコンテスト受賞を果たしています。「行ける工場夜景展」には、話題のドローンを使って撮影した作品や、室蘭のきらびやかな工場夜景の作品が展示される予定です。

縄手真人氏
夜景写真の第一人者であり、夜景倶楽部、新日本三大夜景、夜景100選の代表を務めています。また、夜景情報サイト「yakei.jp」の管理人でもあります。

大倉裕史氏
写真集『工場夜景』の監修を務めています。非日常の工場、コンビナートが日常化した光景を展示予定です。

■イベント詳細
名称:工場夜景の合同写真展「行ける工場夜景展」
所在地:TODAYS GALLERY STUDIO(東京都台東区浅草橋5-27-6 5F)
営業期間:2015年9月18日(金)~9月27日(日)
営業時間:10:00〜19:00
料金:500円 / 乳幼児以外は料金がかかります
公式サイト:http://www.tgs.jp.net/wakirei.html



この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ