【9月5日から】最先端のアートフェスティバルを見逃すな!TodaysArt.JP 2015

  • 2896 |
  • 最終更新:

オランダのデン・ハーグで誕生した、最先端アート作品とライブパフォーマンスの祭典「TodaysArt.JP 2015 TOKYO」が、9月5日(土)から13日(日)まで東京品川区の天王洲アイルで開催されます。今年は、昨年のパイロット版を踏まえて本格的に始動。東京のほか神戸でも開催されます。

TodaysArt.JP 2015 TOKYOとは?

毎年9月にオランダのデン・ハーグ市で開催されている「TodaysArt」は、多岐に渡るジャンルの作品と、アーティストの多さ、そして先端技術とアートのコラボレーションが有名です。2005年に初開催されてから今年で11年目を迎えます。
2014年には、日本でパイロット版「TodaysArt.JP : Edition Zero」が開催され、3日間で約8,000人を動員し、国内外でも大きな反響を呼びました。「アート、ミュージック、テクノロジー」をコンセプトに、舞踏、建築、宇宙技術など、幅広い分野で活躍する世界中のアーティストの最新インスタレーションやライブパフォーマンス、ほかに体験型アート作品の展示やトークショーが行われます。

ここだけの奇跡のコラボも!見逃せないライブパフォーマンス

現在のテクノ・ミュージックシーンに多大な影響を与え、多くのファンから来日を熱望され続けてきたMorton Subotnickと気鋭の映像作家Lillevanが独創的な音・映像によるパフォーマンスを披露します。メディア・アート界の新星・Noemi SchipferとTakami Nakamotoによる話題のユニットNonotakの本邦初公開のパフォーマンスなど、すべてのプログラムがTodaysArtならではの新しさを感じさせます。
世界中で注目を集めるライゾマティクス・真鍋大度とKimchi and ChipsのElliot Woods, Mimi Sonによる「アーティスト・トーク」も開催決定。それぞれのパフォーマンスやトークは席に限りがあるので、気になるアーティストのチケットは早めにゲットしておきましょう。

全作品が本邦初公開・世界基準のインスタレーション

昨年の発表以来、世界中のアート・フェスティバルで絶賛されており、本邦初公開となるUKと韓国のデュオ・Kimchi&Chipsによる「Light Barrier」。また、圧倒的な世界観で重力すら忘れてしまうほど息を飲む「Plain Scape」は、ヨーロッパで活躍する若手作家4人組によるコラボレーション作品です。
ほかにも平川紀道氏による、オーディオビジュアルインスタレーションの新作が初公開されます。こちらのイベントは、特定の場所に作品が集められるのではなく、フェスティバルが開催される街のさまざまな場所に作品が配置されます。世界基準の最先端のアートを身近な場所で体験できますので、天王洲の倉庫街に気軽に出掛けてみてくださいね。

INGRESSとのコラボレーション企画でチケットをゲット!

「テクノロジー」「都市」「回遊性」などのコンセプトをともにするTodaysArtとINGRESSがコラボレーション。当日、天王洲にあるポータルをめぐる“スペシャルミッション”をクリアし、チケットカウンターで「Lv2以上」であることを提示すると、One Day Pass(1,000円)が無料でもらえます。

4日(金)深夜にはLaunching Partyも!

TodaysArt開催にさきがけて、4日(金)の22時より恵比寿LIQUIDROOMにてLaunching Partyが開催されます。メインアクトは、デトロイト・テクノ・シーンを牽引し、世界中のアーティストたちに影響を与え続けているCarl CraigとMAD MIKE BANKS (UR)によるスペシャル・ユニットによる奇跡のコラボレーション。ほかに本国オランダの「TodaysArt」に参加経験のあるDJ DUCTや、ベルリンと東京の2都市を拠点にしているAkiko Kiyama、さらに「TodaysArt」開催都市としてネットワークであるインド、オランダからもアーティストたちが多数出演します。

イベント詳細
名称:TodaysArt.JP 2015 TOKYO
会場:天王州アイル 各特設会場
所在地:東京都品川区東品川
会期:2015年9月5日(土)~13日(日)
作品展示時間:各日11:00~20:00(最終日は17:00まで)
※パフォーマンス・ワークショップ・シンポジウムはイベントにより異なります。
料金:オールデイパス 1,500円・ワンデイパス 1,000円
※パフォーマンス・ワークショップ・シンポジウムは、別途チケットが必要になります。
公式サイト:http://www.todaysart.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ