首都圏・中部発。豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」の旅が限定復活!

  • 1987 |
  • 最終更新:

今年3月に定期運転を終了した豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」が、この秋限定復活します。旅行会社専用の臨時列車として、定期運行時よりもさらに豪華になった特別編成車両で、特別な旅が提供されます。

限定復活「トワイライトエクスプレス」の魅力

トワイライトエクスプレスは、大阪―札幌間で運行されていた特別寝台車両。趣のある豪華な客室設備や、本格フランス料理を楽しめる食堂車など、たいへんな人気を誇る電車で、特にスイートのチケットは、入手が難しいプラチナチケットとして知られていました。
そのトワイライトエクスプレスが、この秋、旅の通信販売「JTB旅物語」を企画する株式会社、JTBメディアリテーリングによる貸切運行で限定復活します。車両は、客室として人気の高かった「スイート」「ロイヤル」に食堂車、サロンカーを備え、定期運行時よりさらに豪華な特別編成となりました。
旅のプランは中部発の「特別なトワイライトエクスプレスと北門屋敷最上級のお寛ぎ3日間」と、首都圏発の「豪華寝台列車トワイライトエクスプレスと萩・津和野・安芸の宮島4日間」の2つが用意されます。いずれのプランも、列車で過ごす時間だけでなく、宿泊、そしてさまざまな観光を盛り込んだ豪華プラン。贅沢な旅の時間をゆったりとお過ごしください。
 

中部発「特別なトワイライトエクスプレスと北門屋敷最上級のお寛ぎ3日間」

「特別なトワイライトエクスプレスと北門屋敷最上級のお寛ぎ3日間」は名古屋発着の、2泊3日のツアー。初日の夜をトワイライトエクスプレスで、2泊目は萩市内に宿泊します。旅行期間は11月28日(土)から11月30日(月)。大阪から下関の区間を、トワイライトエクスプレスに乗って移動します。往路の名古屋から大阪まで、復路の新山口から名古屋までは新幹線グリーン車席が用意されます。トワイライトエクスプレスの旅を楽しんだ翌日は、世界遺産「萩城下町・旧上級武家地」のあるエリアの豪華旅館「萩城三の丸 北門屋敷」に宿泊。紅葉の名所、瑠璃光寺ライトアップ鑑賞も見所です。

首都圏発「豪華寝台列車トワイライトエクスプレスと萩・津和野・安芸の宮島4日間」

「豪華寝台列車トワイライトエクスプレスと萩・津和野・安芸の宮島4日間」は、首都圏発着の、3泊4日のツアーです。初日を宮島口・宮浜温泉、2泊目を萩温泉、そして3泊目の夜をトワイライトエクスプレスで過ごします。旅行期間は11月28日(土)から12月1日(火)。トワイライトエクスプレスの乗車は下関から大阪までの区間です。東京からの往復は中部発ツアーと同様に、新幹線のグリーン車席が用意されます。
1日目の夕食後は幻想的な夜の宮島を巡る「世界遺産ナイトクルージング」、2日目も「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産登録を果たした「萩城下町」「松下村塾」を巡ります。

■ツアー詳細
名称:中部発 特別なトワイライトエクスプレスと北門屋敷最上級のお寛ぎ3日間
旅行期間:2015年11月28日(土)~11月30日(月)
宿泊地:1泊目/車中、2泊目/萩市内
    トワイライトエクスプレス乗車区間:大阪~下関間(1~2日目)
旅行代金:298,000円(ロイヤル客室利用)
     ~348,000円(スイート展望客室利用)2名1室利用時

名称:首都圏発 豪華寝台列車トワイライトエクスプレスと萩・津和野・安芸の宮島4日間
旅行期間:2015年11月28日(土)~12月1日(火)
宿泊地:1泊目/宮島口・宮浜温泉、2泊目/萩温泉、3泊目/車中
    トワイライトエクスプレス乗車区間:下関~大阪間(3~4日目)
旅行代金:390,000円(ロイヤル客室利用)
     ~450,000円(スイート客室利用) 2名1室利用時

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ