靖国神社で「みらいとてらす‐秋を彩る九段の光‐」開催!3日間限定、秋の特別参拝へ行こう。

  • 3476 |
  • 最終更新:

秋の夜長参拝「みらいとてらす‐秋を彩る九段の光‐」が靖国神社で9月25日~27日まで開催されます。 秋の靖国神社の境内をライトで照らし、幻想的な姿を見ることができる、3日間限定の特別参拝です。

yasukuni.or.jp

 秋の夜長参拝「みらいとてらす‐秋を彩る九段の光‐」とは?

靖国神社は、春には日本の象徴でもある桜が美しく咲き誇り、秋には紅葉も楽しめることから、通年参拝客が絶えることなく訪れる場所でもあります。
通常閉門時間は夏季で19時、冬期では17時となっていますが、秋の夜長参拝期間だけは21時まで延長されます。厳かな雰囲気の中、夜の境内を心静かに参拝することができる貴重な3日間です。夜の境内は美しくライトアップされ、昼間の顔とは全く違う様子を見せてくれます。この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。

3日間限定!特別参拝の魅力

第二次世界大戦から70年という節目を迎えた2015年。今を生きる者から次の世代へと託されていく平和の大切さ、感謝の気持ちや未来へ向けた平和への祈りを持ってほしいという願いから「みらいとてらす」は企画されました。
参道や鳥居も日没とともにライトアップされ、幻想的な世界が広がります。秋を彩る光で演出された、吸い込まれそうなほど美しい靖国神社をぜひ見に行ってみましょう。

イベントも目白押し!

夜長参拝期間中は、手筒花火やライブなどのイベントが目白押しです。参道や神門前、神池庭園などさまざまな場所で行われるので、たくさんの行事を見られます。中でも日本伝統の神前神楽舞や、秋の夜長ライブは必見です。また井上和彦さんのトークライブなども開催予定ですので、ぜひ足を運んでみてください。

9月25日(金)

15時~17時:ミュージアムトーク(遊就館)※事前申込制
17時:竿燈(参道)1回目
18時:手筒花火(神門前)
19時:神前神楽舞(能楽堂)
19時:竿燈(参道)
2回目: 夕刻秋の夜長ライブ(神池庭園)

9月26日(土)

日中:合唱(能楽堂)
13時:陣中太鼓(拝殿前)
16時:阿波踊り(参道)(18時~20時:井上和彦トークライブ(遊就館)※事前申込制です)
19時:阿波踊り(参道)
19時:神前神楽舞(能楽堂)
夕刻:秋の夜長ライブ(神池庭園)

9月27日(日)

(15時~17時:山田雅人「かたり」の世界(遊就館)※事前申込制)
17時30分:手筒花火(神門前)
19時:神前神楽舞(能楽堂)
夕刻:秋の夜長ライブ(神池庭園)

イベント詳細
名称:秋の夜長参拝「みらいとてらす‐秋を彩る九段の光‐」
所在地:東京都千代田区九段北3-1-1
営業期間:2015年9月25日~9月27日
営業時間:6時00分~21時00分
公式サイト:http://www.yasukuni.or.jp/news_detail.php?article_id=0153

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ