日銀・貨幣博物館が11月21日新装オープン!貨幣にまつわる深い歴史を覗いてみよう

  • 1960 |
  • 最終更新:

日銀、貨幣博物館は東京都中央区日本橋の日本銀行分館内に11月21日(土)に新装オープンします。大切に保管された貨幣や資料から、日本が今まで歩んできた貨幣の歴史や文化を知ることができ、今後東京の新しい観光スポットになるであろうと注目を浴びています。

hakuzou.at.webry.info

日銀、貨幣博物館の魅力

同博物館は古今東西時代に使用されてきた貴重なお金や関連資料などが展示され、通貨についての役割や歴史を覗くことができます。現在も調査研究が進められ、その研究成果による貨幣の歴史や貨幣の持つ機能・役割、貨幣と文化、社会の関わりなどを深く学ぶことができるようになっています。

見どころは、明治末期から収集されてきた銭幣館コレクション!

こちらは古貨幣収集家・研究家であった田中啓文氏が収集してきたもので、古代貨幣や近代貨幣、中国をはじめとする東アジアの貨幣などいたるところから資料を収集し続けてきた集大成。もともとは銭幣館(せんぺいかん)で展示・保管されてきましたが、1944年の戦火によって失われることを避けるために日本銀行へ寄贈されました。

新装オープン期間限定の特別展示は必見!

今回の新装オープンの特別展示として、昨年に米連邦準備理事会(FRB)が展示して話題になった錦絵の一部が特別展示されることになりました。なお通常のレプリカ展示されている貨幣を大変貴重な本物へ切り替えるなどの力を入れています。

minkara.carview.co.jp

体験型施設も見逃せない。江戸幕府時代の貨幣の重さも体験できる!

常設展示では、海外で実際に使用されていた大きな石の貨幣などを見ることができます。また徳川家康や豊臣秀吉が作らせた金貨や大判の実物資料を見ながらその重さがどんなものなのかを体験することもできます。その他記念撮影スポットなども設置されていますので、ぜひ足を運んでみてください。

アクセス

東京メトロ地下鉄半蔵門線三越前駅(出口B1)から徒歩1分、銀座線三越前駅(出口A5)から徒歩2分、日本橋駅(出口A1)から徒歩6分、大手町駅(出口B8a)から徒歩10分、JR東京駅日本橋口から徒歩8分です。

スポット詳細
名称:日銀、貨幣博物館
所在地:東京都中央区日本橋本石町1-3-1 日本銀行分館内
定休日:月曜日(ただし祝休日は開館)
営業時間:9:30~16:30(最終入館は16:00まで)、年内の土曜日は19:00まで(入館は18:30まで)料金:無料
公式サイト:http://www.imes.boj.or.jp/cm/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ