warp cube(ワープキューブ)体験レポート!六本木・東京ミッドタウンで世界にワープ!

  • 10972 |
  • 最終更新:

auのブランドスローガン「あたらしい自由。」を体感できるイベントが、8月28日(金)から30日(日)までの3日間限定で、六本木・東京ミッドタウン・ガレリアにて開催されます。スマホを使って、世界中を飛び回ることができる「Hello,New World.warp cube」。asoview!編集部員がいち早く体験してきましたので、レポートをお届けします!

ミッドタウンに巨大な箱出現

東京ミッドタウン、地下1階のガレリアを通り抜けた先に現れたのは、高さ6.05m、幅8.1mの巨大な灰色の箱。内部はLEDのディスプレイに囲まれ、世界の絶景を楽しむことができる、とのこと。期待が高まります。

オープン前にイベントが行われました。まずは、TVCMに出演しているモデルの新木優子さんが登場。

顔小さいです…

続いて、「あたらしい自由。」のコンセプトにマッチしているとして登場したのは、女性的でもあり、男性的なかっこよさも感じさせるGENKINGさん。GENKINGさんはいち早くwarp cubeを体験したそうです。「とにかくスゴイ!」とのこと。

実際に体験しているところが中継で流されましたが、次々と出てくる世界の美しい景色に目を奪われてしまいました。

10分間の世界旅行に出発!

いよいよwarp cube内に潜入です。

入るときにスマホを貸し出ししてもらえます。これはもちろん、auのスマホ。

いよいよ出発です。はじめはミッドタウンの景色だったものが白い光に包まれ、現れたのは富士山。

3、2、1、warp!の合図に合わせてスマホを振り上げると、ワープが始まります。思った以上のスピード!ジェットコースターのように移動します。

キューブの中は入り口以外の5面がディスプレイになっているので、ほぼ全方向が美しい景色。前を見たり、下を見たりと、何か見逃していないか?とそわそわした気分にもなってしまいます。

ワープするたびにスマホが振動したり、スマホにも景色が映し出されたりと、見逃したくないポイントがいっぱい。万里の長城やオーストラリア・グレートバリアリーフ、アイスランドの首都・レイキャビクなど、ワープするたびに「わあ…」と思わず声が出てしまうような絶景が次々と目の前に現れます。

画面内の人から電話がかかってきて驚き!

上海のシーンで驚いたのは、花火の中に入れること!たぶんこれからも一生ないかもしれない特別なアングルから花火を体験できました。

warp cubeでの世界旅行は、約10分間。あっという間に終わってしまい、もっと旅していたい!という気分にさせられます。

このwarp cubeを楽しめるのは、たったの3日間。こんなに大がかりなアトラクションなのに、なんだかもったいなく感じてしまいます。

体験は12時から20時まで可能で、1時間ごとに次の時間の整理券が配られるとのこと。1時間に体験できる人数は40人~50人なので、確実に整理券をゲットしましょう。

夏の最後を「五感を揺さぶる」世界旅行で締めくくってみませんか。

イベント詳細
名称:Hello,New world.warp cube
会場:東京ミッドタウン コートヤード(東京都港区赤坂9-7-1)
開催日時:2015年8月28日(金)~30日(日)
開催時間:12:00~20:00(参加受付開始11:00~)※28日、29日の14:00~16:00はCM撮影あり。この時間に限り20歳未満は保護者の同意が必要
参加方法:イベント会場受付にて事前に参加整理券を受け取り、整理券記載の入場時間に参加。整理券は期間中各日11:00より配布。整理券記載の時間の20分前までに集合。
料金:無料
スペシャルサイト:http://www.au.kddi.com/hello/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ