鮮やかな紅葉のトンネルの中を歩こう!国営武蔵丘陵森林公園の紅葉

  • 1401 |
  • 最終更新:

埼玉県の中央部に位置する比企郡。そんな比企郡にある国営武蔵丘陵森林公園は、秋になると広大な敷地内が美しい紅葉に覆われます。ここでは、国営武蔵丘陵森林公園の紅葉の魅力を紹介させていただきます。

http://inakaseikatsu.blog.so-net.ne.jp/

国営武蔵丘陵森林公園とは?


国営武蔵丘陵森林公園は、丘陵地に広がる広大な敷地を持った公園で、全国で最初に造られた国営の公園でもあります。広大な敷地内ではウォーキングはもちろん、サイクリングやアスレチックなどさまざまな楽しみ方ができます。また公園周辺には城跡が点在しており、中世の歴史を感じながらの散策も楽しめます。自然の地形を活かして作られたローラー滑り台や、ブランコなどのアスレチックコースもあり、親子で楽しむのには最適です。その他にも、小さな子どもに最適な遊具が揃う、むさしキッズドームや、キャッチボール専用のブルペン、水遊び場、芝生公園などのある西口広場、多種多様な花木を鑑賞することができる都市緑化植物園や野草コース、ディスクゴルフにドッグラン、レストランなど数えきれないほどの設備が揃っています。

国営武蔵丘陵森林公園の紅葉


国営武蔵丘陵森林公園は、秋になると園内にある500本ものカエデやモミジが美しく色づきます。紅葉のトンネルの中を散策したり、サイクリングしたりと、秋ならではの楽しみ方が可能です。また、10月下旬から11月下旬までは、紅葉見ナイトと称し、夜間のライトアップもおこなわれていますので、幻想的な世界を体験したい方には大変おすすめです。

国営武蔵丘陵森林公園へのアクセス

【公共交通機関を利用して訪れる場合】
東武東上線「森林公園駅」から国際十王バス「立正大学行き」に乗り、「滑川中学校停留所」下車、徒歩約5分。東武東上線の森林公園駅から川越観光バス「森林公園南口行き」に乗り、終点下車後すぐになっています。

【車を利用して訪れる場合】
関越自動車道の東松山インターチェンジから県道47号線を経由して訪れることができます。

■スポット詳細
名称:国営武蔵丘陵森林公園
所在地:埼玉県比企郡滑川町山田1920
入園料:大人410円 小人80円 65歳以上210円
開園時間:9:30~17:00 11月9:30~16:30 冬季9:30~16:00
休園日:年末年始、1月の第3・4月曜日
ホームページ:http://www.shinrinkoen.jp/

 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ