鎌倉・長谷寺の紅葉は幻想的かつ美麗。紫陽花の名所は秋も魅力的

  • 1696 |
  • 最終更新:

通称「花の寺」で有名な長谷寺は、鎌倉で1、2を争う有名観光地です。秋になると美しい紅葉に包まれ、夜にはライトアップが行われます。ここでは、長谷寺の紅葉の魅力をご紹介します。

http://akemaru.at.webry.info/

長谷寺とは?

長谷寺は神奈川県鎌倉市にあり、長谷観音とも呼ばれている寺院です。境内には長谷観音「十一面観音立像」が安置されている観音堂をはじめ、阿弥陀如来坐像が安置されている阿弥陀堂、大黒天像が祀られている大黒堂などの堂宇が山腹に建てられています。
日本有数の巨像であり長谷寺の本尊でもある「木造十一面観音立像」や、「十一面観音懸仏」、「梵鐘」などは国の重要文化財です。
観音山の裾野から中腹にかけて広がっている敷地には、四季折々の花木や妙智池、放生池などの池が配され、回遊式庭園としても楽しめます。また、紅葉だけではなく40種類以上約2,500株ものアジサイが群生しており、アジサイの名所としても有名です。

鎌倉長谷寺の紅葉見頃の時期について

長谷寺の紅葉は11月下旬から色づきはじめ、12月中旬まで楽しめます。モミジやイチョウ、ケヤキなど数多くの木々たちが一斉に赤や黄色に色づく光景は圧巻です。
また、期間限定で夜間のライトアップも開催されます。昼間とは違う幻想的な空間と、池に映る美しい紅葉などを楽しめます。長谷寺は鎌倉の紅葉スポットの中では外せない紅葉スポットです。

鎌倉長谷寺へのアクセス

【公共の交通機関を利用する場合】
JR横須賀線の鎌倉駅で下車し、そこからバスに乗り長谷観音停留所下車、徒歩約5分です。または小田急線の藤沢駅下車して江ノ電に乗り、長谷駅下車約5分で到着できます。

【車を利用する場合】
横浜横須賀道の朝比奈インターチェンジから県道204号線を経由しておよそ30分です。

■スポット詳細
名称:鎌倉長谷寺
所在地:神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
拝観期間:【3月~9月】8:00〜17:00【10月~2月】8:00~16:30
拝観料:大人300円、小学生100円
ホームページ:http://www.hasedera.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ