埼玉県・嵐山渓谷では紅葉まつり開催!岩畳の清流に映る、燃えるような紅葉

  • 4125 |
  • 最終更新:

嵐山(らんざん)渓谷とは、埼玉県比企郡嵐山町の武蔵嵐山駅の南西約2キロメートルのところにある、槻川橋の上流約1kmの渓谷です。日本最初の林学博士、本多静六博士がこの地を訪れた際、京都の嵐山によく似ているとして「武蔵国の嵐山(むさしのくにのあらしやま)」と命名したことが、この地名の由来です。

http://akatonbo.cocolog-nifty.com/

紅葉と岩畳と清流が織り成す景観美を堪能

嵐山渓谷の紅葉の見どころは2ヶ所あります。ひとつは、駐車場のある嵐山渓谷バーベキュー場から川沿いに上流へ向かい、塩沢冠水橋から展望台へと続く散策路。ここは飛び石で川を渡る箇所があるので、歩きやすくて滑りにくい靴で行きましょう。そしてもう一ヶ所は展望台から与謝野晶子歌碑へ通じる遊歩道です。コナラ、クヌギなどが燃えるように紅く色づき、周囲の木々そのものの彩りと、槻川の清流に映し出された紅葉、そして槻川特有の岩畳が、みごとな秋の景観を創り出します。

見頃は11月下旬~12月上旬。11月14~29日は紅葉まつりも!

嵐山渓谷の紅葉の見頃は、例年11月下旬から12月上旬です。毎年紅葉の時期には「嵐山渓谷紅葉まつり」が開催されていて、2015年の開催期間は11月14日(土)~29日(日)までです。11月22日・23日には「ウォーク&グルメ」というイベントが開催され、ご当地グルメの「嵐山辛モツ焼きそば」や、秋の味覚「焼き芋」などが販売される他、甘酒の無料サービスも!地元のおいしいもをいただきながら、京都の嵐山にも引けを取らない「武蔵の国の嵐山」の秋の絶景を楽しみましょう。

嵐山渓谷までのアクセス

公共の交通機関を使う場合は、東武東上線「武蔵嵐山駅」の西口からイーグルバスのせせらぎバスセンター方面行き(と02系統)で約10分、休養地入口(バーベキュー場)下車、徒歩15分です。武蔵嵐山駅からバーベキュー場までは約3km、徒歩で約40分です。脚力に自信があれば、散策がてらに歩いて行くのもいいでしょう。
車を使う場合は、関越自動車道東松山IC、または嵐山小川ICから国道254号を嵐山渓谷方面へ車で7km。バーベキュー場に300台分の駐車場(有料、普通車1000円)があります。

スポット詳細

名称:嵐山渓谷
所在地:埼玉県嵐山町鎌形
営業時間:散策自由
料金:無料
公式サイト:http://www.ranzan-kanko.jp/keikoku

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ