モミジやイチョウが色づく小金井公園で紅葉を楽しもう!「江戸東京たてもの園」でイベントも開催

  • 4005 |
  • 最終更新:

「小金井公園」は、玉川上水沿いに位置した面積約80ヘクタールの面積を誇る広大な公園です。子どもの広場や桜の園、芝生や弓道場、SLのC57展示、16面のテニスコートなどが集まっています。園内には「江戸たてもの園」もあり、そこでも紅葉を楽しめます。

http://cosumosu52.exblog.jp/

小金井公園の紅葉の魅力

ケヤキ、モミジ、イチョウなど色づいた落ち葉を踏みしめて歩く

小金井公園では、約3,000本のケヤキが公園内に植えられ、モミジやイチョウなど落葉樹が多いため、落ち葉が溜まり、秋らしい匂いと共に落ち葉の乾いた感触を楽しむ事ができます。落ち葉を、水を掛けるように飛ばしてみたり、寝転がってみたりと楽しみ方はいろいろ。秋ならではの自然との遊びを楽しんでみましょう。

江戸たてもの園ではライトアップが開催

有料の「江戸たてもの園」では11月22日から24日の午後4時30分から午後8時まで建物のライトアップが行われ、園内に設置された建物から温かな光が漏れたり、建物を色鮮やかに照らしたりと興趣を凝らした照明が、美しく闇夜と紅葉を照らしていきます。
「あかりの歴史体験」や、ライトアップのデザインの仕方などが学べる「ワークショップ~親子でライトアップ体験~」など、夜だからこその体験イベントがもりだくさん。教科書や映像では伝わらない、生きた体験が得られます。昼の「たてもの園」とは異なる、ライトアップを楽しんでみませんか。
ライトアップは公園から遠目で見るのではなく、近くで見るからこその美しさもあります。お時間がある方は、ぜひ江戸たてもの園も一緒に訪れてみてください。

紅葉の見頃時期について

11月中旬から11月末まで紅葉を楽しむ事ができ、イチョウやモミジなどの木々が紅葉します。園内には売店も設置され、お酒を飲みながらの紅葉狩りを楽しめます。黄色や赤の目にも鮮やかな色彩は、お酒を飲まずとも、心を陽気にしていきます。短い秋のひとときを楽しみましょう。

小金井公園へのアクセス

電車の場合は中央線「武蔵小金井」から西武バス「小金井公園西口」下車または、関東バスで「江戸東京たてもの園前」・「小金井公園前」・「スポーツセンター前」下車です。

■スポット詳細
小金井公園
所在地:小金井市関野町1-13-1
定休日:無し
営業時間:無し
料金:無し
公式サイト:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index050.html

江戸たてもの園
所在地:東京都小金井市桜町3-7-1(都立小金井公園内)
定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は、その翌日) / 年末年始
営業時間:4月~9月:午前9時30分~午後5時30分
     10月~3月:午前9時30分~午後4時30分
料金:一般600園 / 65歳以上200円 / 大学生320円 / 中・高生(都外) 200円 / 
         中学生(都内在学または在住)・小学生・未就学児童 無料
公式サイト:http://tatemonoen.jp/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ