リアルなミャンマーに触れるイベント「ミャンマー祭り2015」が東京・増上寺で開催!

  • 2550 |
  • 最終更新:

2015年11月28日(土)と29日(日)に、東京・港区の増上寺にて「ミャンマー祭り2015」が開催されます。ミャンマーの衣・食・文化などを通して、ミャンマーの現在の姿を知ってもらおうというイベントです。さっそくご紹介していきましょう。 

https://www.facebook.com/

 「ミャンマー祭り2015」とは?

「ミャンマー祭り」は、今年で3回目を迎え、リアルなミャンマーに触れられる様々な催しが行われるとあって、毎年多くの人々で賑わいます。
会場内の「ミャンマー横丁」では、都内にある17のミャンマー料理店が出店し、自慢の料理を提供します。
また、特設ステージ「ヤンゴンステージ」には、ミャンマーで人気の歌手が登場するほか、伝統舞踊のパフォーマンスも行われます。もうひとつのステージ「マンダレーステージ」では、ミャンマーの伝統的なスポーツ「チンロン」の実演やNPO・NGOなどの活動紹介が行われます。
そのほか、写真展やミャンマー体験コーナーも設けられる、まさにミャンマー一色のイベントです。

ミャンマー横丁

飲食店ブースである「ミャンマー横丁」には、都内にあるミャンマー料理店17店舗が出店し、おいしいミャンマー料理を提供してくれます。ミャンマーでは、ビルマ族やモン族、シャン族などの様々な民族が共生しており、それぞれの民族の料理を楽しむことができるのも、「ミャンマー祭り」の魅力です。
新宿にある「ノング インレイ」は、シャン族の料理を提供します。「ミャンマー祭り2015」では、「シャンカウスエ」という鶏肉が入ったそばや、スパイシーな牛モツの煮込みを味わうことができます。
また、こちらも新宿のお店「オリエンタルキッチン マリカ」では、カチン族の料理を出品し、ドライカレー「ダンパウ」や、オリジナルサラダ「マリカサラダ」が提供されます。
そのほかのお店もぜひ味わってみましょう!

体験コーナー

ミャンマー文化を体感できる体験コーナーも充実しています。
ミャンマーの衣装といえば、「ロンジー」。伝統的な民族衣装です。こちらを90分500円でレンタルすることができます。記念撮影などをすると、いい思い出になりそうです。
また、文字体験コーナーでは、ミャンマー人のスタッフが、参加者の名前をミャンマー語で書いてくれます。
このほかにも様々なイベントが用意されています。日本にいながらミャンマーを体験できるイベントに、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

■イベント詳細

名称:ミャンマー祭り2015
所在地:増上寺境内 東京都港区芝公園4-7-4
営業期間:2015年11月28日(土)、29日(日)
営業時間:28日 10:00~18:00 / 29日 10:00~16:00
料金:入場無料
公式サイト:http://myanmarfestival.org/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ