「宇都宮餃子まつり2015 」宇都宮城址公園で開催。秋空の下、宇都宮餃子を食べ比べ!

  • 960 |
  • 最終更新:

餃子の町として全国的に有名な宇都宮市街地で、毎年恒例の「宇都宮餃子祭り」が10月31日(土)と11月1日(日)に開催されます。 餃子好きにはたまらない「宇都宮餃子祭り」の魅力に迫ります。

http://legoyokoha.exblog.jp/

「宇都宮餃子祭り」とは?

1999年から始まり、毎年11月の第1土曜日、日曜日に行われ、今回で17回目を迎える「宇都宮餃子祭り」。宇都宮市民はもとより、宇都宮の餃子を一度食べてみようと県外からも毎年多くの人が詰めかけ、昨年は過去最多の12万人あまりが来場したという、大人気のイベントです。
当日は、宇都宮城址公園を会場に、「宇都宮餃子会」に加盟している様々な餃子店が登場し、こだわりの餃子を食べ比べたりと、餃子三昧の一日を過ごせます。

餃子と宇都宮市の深い関係

宇都宮は、各家庭の餃子消費額が15年連続全国1位。また、市民を対象に実施したアンケート調査で、「わたしの好きな食べ物」、「宇都宮市民の誇れること」の両部門で「餃子」が1位を獲得するなど、餃子はまさに宇都宮市民のソウルフードであるといえます。第二次世界大戦中に宇都宮に駐屯していた陸軍が、中国の餃子の味を帰国後に宇都宮に広めたと言われています。
1993年には「宇都宮餃子会」が発足、2002年には「宇都宮餃子」が商標登録され、町おこしの中核的な存在として全国的に注目を集めています。

一皿3個、100円で販売!各店こだわりの餃子を食べ比べよう!

1993年、市内餃子専門店など38店舗により発足した「宇都宮餃子会」。現在は約80店舗が加盟しており、「宇都宮餃子」をPRするための活動を行っています。
今年の「宇都宮餃子祭り」は、全国的知名度を誇る昭和33年に創業された伝統ある餃子店「宇都宮みんみん」やピリ辛の味噌ダレが人気の「青源」、あらゆる種類の餃子が楽しめる「宇都宮餃子館」など「宇都宮餃子会」加盟店のうち26店が参加します。
各店こだわりの餃子を一皿につき3個100円で提供をするので、様々な「宇都宮餃子」の食べ比べを楽しめます。
餃子を食べる以外にも華やかなステージイベントや、一部の宇都宮餃子会加盟店による割引販売なども行われます。ぜひこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

■イベント詳細
名称:宇都宮餃子まつり2015
開催場所:宇都宮城址公園 
開催日時:10月31日(土)、11月1日(日) 10:00~16:00まで
入場料:無料
HP:http://www.gyozakai.com/(宇都宮餃子会)
   http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kanko/event_kanko/022230.html(宇都宮市役所)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ