2年ぶりの開催に胸が躍る!車の祭典「東京モーターショー」の見どころとは!?

  • 3051 |
  • 最終更新:

今年で44回目を迎える「東京モーターショー」が、東京ビッグサイトで、2015年10月30日(金)から11月8日(日)まで開催されます。日本はもちろん、世界各国から車が集結する、まさに車の祭典です。新型車の発表や、未来を意識した車の開発の様子まで、様々な見どころがあります。

http://joshi-daisei.hatenablog.com/

東京モーターショーとは?

世界五大モーターショーに数えられる国際的な車の見本市で、1954年に始まりました。例年、多くの車ファンで賑わいます。国内外の有名メーカーによるワールドプレミア(世界初公開のこと)が行われることもあり、注目度の高いイベントです。近年では、メーカーの新車発表の場としてのほか、車の最新技術を発表する場所にもなってきています。環境面を重視したハイブリッド車や、安全技術の紹介などがそれにあたります。前回開催の2013年には、90万人の人々が訪れました。

期待大の新型発売!?

東京モーターショーの見どころのひとつには、やはりメーカーの新型発表があります。
最大の注目度を集めるのは、やはりトヨタの「プリウス」です。新型のプリウスは、燃費を1Lあたり40キロにまで伸ばし、新たなプラットフォームを構築しているとのこと。新発売の時期が東京モーターショーの開催時期と被るため、このイベントでのお披露目が期待されています。
また、ダイハツの「ビーゴ」の最新型や、「ミライース」の燃費改善にも期待がかかります。ほかにも、様々なメーカーが新型車を発表する可能性があります。
このように、モーターショー当日まで、各メーカーがどんな仕掛けをしてくるかわからないという点も、東京モーターショーがイベントとして盛り上がる要因のひとつですね。

参加できるイベントも!

ただ車を見るだけではないのが東京モーターショーの魅力です。特にオススメなのが「次世代モビリティ」の試乗です。モビリティの種類は3つ用意されています。
「パーソナルモビリティ」は、一人用の移動型モビリティです。徒歩くらいのスピードで走行します。体を傾けるだけで、方向転換が可能です。最初はうまく操作できないかもしれませんが、慣れるととても便利です。また「超小型モビリティ」は、車よりコンパクトな乗り物で、最大2人まで乗ることが可能です。試乗コースは屋外にも用意されていて、リアルな体験をすることができます。
さらに「自動運転デモンストレーション(高度運転支援システム)」の試乗も開催予定です。

イベント詳細

名称:東京モーターショー
所在地:東京都江東区 有明3-11-1
営業期間:2015年10月30日(金)~11月8日(日)
営業時間:月曜~土曜 12時30分~20時00分
     日曜 10時00分~18時00分 
当日券:一般 1,600円 高校生 500円 中学生以下 無料
公式サイト:http://www.tokyo-motorshow.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ