ふじさわ江ノ島花火大会が10月15日に開催!江の島をバックに咲く2尺玉は圧巻です!

  • 2988 |
  • 最終更新:

ふじさわ江ノ島花火大会が2016年10月15日(土)に開催されます。会場は神奈川県藤沢市の片瀬海岸西浜です。湘南のシンボルである江の島をバックに、約3,000発もの花火が打ち上げられます。湘南エリアで唯一打ち上げられる直径約480mにもなる2尺玉の迫力は圧巻です。ここではふじさわ江ノ島花火大会の魅力を紹介します。

http://offficekym.exblog.jp/

ふじさわ江ノ島花火大会の魅力

湘南エリア唯一の2尺玉は、圧巻の美しさ!

ふじさわ江ノ島花火大会は、神奈川県藤沢市の片瀬海岸で行われる花火大会です。江の島をバックに空中で直径約480mに広がる2尺玉や色とりどりのスターマインなど、大型花火が約3,000発打ち上げられます。特に2尺玉は湘南エリアで唯一の打ち上げ。その迫力ある姿は必見です。夜空に花開く花火は海面にも映し出され、より華やかで美しい花火を鑑賞できます。

昼間から観光を楽しんで、夕方から花火を鑑賞!

毎年多くの方が訪れる人気の花火大会とあって、混雑は必至です。そのため花火大会が始まる前に出向くのではなく、日中から出掛けるのがおすすめ。秋の江の島は気候が良く過ごしやすいので、ゆったりと観光を楽しみ夕方に観覧場所へ移動しましょう。昼間の観光を楽しみたい方は有料席を確保しておくと便利です。境川河口左岸に2,500席分の有料観覧指定席が用意されているので、購入しておくと花火大会をゆっくりと楽しめます。

鑑賞スポットをチェック!

ふじさわ江ノ島花火大会の人手は例年約6万人。会場はとても混雑します。せっかくの花火だから混雑に巻き込まれずに楽しみたい方のために、おすすめの鑑賞スポットをご紹介しましょう。

湘南海岸公園
花火の打ち上げ場所からは少し離れていますが、シートを広げてくつろぎながら花火を楽しめます。特に小さなお子様連れの方におすすめです。

新江ノ島水族館周辺
新江ノ島水族館周辺の海岸も穴場スポットとして知られています。ただし打ち上げ場所から200メートルと近く、花火の迫力を味わえるとあって人気なスポットです。早めに場所取りが必要となります。夕方から訪れる場合は立ち見になることを覚悟しておきましょう。

片瀬漁港駐車場周辺
観覧スポットとして一番人気なのがこの片瀬漁港駐車場周辺。第一、第二打ち上げ場所を見渡すことができるため、迫力ある花火の姿を写真に撮りたい方におすすめです。とても混雑するので公式会場同様に朝から場所取りをしておきましょう。

岩本楼前の海岸
老舗旅館の「岩本楼(いわもとろう)」前の小路を100mほど進んだ場所にある、小さな海岸です。片瀬漁港を正面に見ることができる絶景穴場スポットとして地元の方にも人気があります。

花火大会概要
名称:ふじさわ江ノ島花火大会
開催日時:2016年10月15日(土)18:00~(予定)
開催場所:神奈川県藤沢市片瀬海岸西浜
打ち上げ玉数:3,000発(2尺玉を含む)
昨年の人出:6万人
交通アクセス:
【電車】
小田急江ノ島線「片瀬江ノ島駅」から徒歩約2分
江ノ島電鉄「江ノ島駅」から徒歩5分
湘南モノレール「湘南江の島駅」から徒歩7分
【車】東名高速道路「厚木IC」から車で50分
駐車場:1636台(1時間400円、1日2,000円~)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ