【10月17日・18日】今年も盛大に行われる「川越まつり」、迫力の山車を見にいこう!

  • 2258 |
  • 最終更新:

川越まつりはおよそ360年続く歴史あるお祭りで、関東三大祭りの一つです。秋が深まる毎年10月中旬に行われる川越が誇る一大イベントであり、多くの人でにぎわいます。動く文化財である豪華絢爛な山車や踊りなど、見どころがいっぱい。川越まつりの魅力を紹介します。

nobinobit.exblog.jp

川越まつりとは?

川越まつりは毎年10月第3土曜・日曜の2日間に行われる、埼玉県川越市の川越氷川神社の祭礼です。常陸國總社宮大祭や佐原の大祭と合わせて関東三大祭りの一つであり、360年にわたり続いてきた歴史あるお祭りとして国の重要無形民俗文化財に指定されています。

豪華絢爛な山車に圧倒!

川越まつりの特徴は、江戸「天下祭」を再現した山車行事です。精巧な人形をのせたお神輿のような山車が、街中を曳行します。高さ8mにもなる山車が何台もすれ違うさまは迫力満点です。市内の町内ごとに保有している山車の中には指定文化財に指定されているものも多く、歴史的価値や美しさも見ごたえがあります。町中にはお囃子のリズムや数多くの露天商、引手の美しい着物などがあふれ、蔵造の街並みとの情緒ある調和が雰囲気が漂います。昼は川越市役所前に山車が集まるため、一箇所で多くの山車を観ることができます。色々な山車を観たいのならお昼の時間帯から出かけてみましょう。

見どころは何といっても、曳合せ(ひっかわせ)!

川越まつりは昼よりも午後6時半から9時頃までの夜の方が断然盛り上がります。夜の見どころは何といっても曳合せ(ひっかわせ)です。提灯の灯りに彩られた山車が鉢合わせになった時に互いの踊りが競演しあい、盛り上がると急テンポのリズムになって若衆の威勢の良いかけ声が響き渡ります。
囃子が入り乱れて提灯が乱舞する迫力の光景に、誰もが引きこまれること間違いなしです。

イベント詳細
名称:川越まつり
所在地:埼玉県川越市氷川神社・中心市街地
営業期間:2015年10月17日(土)・18日(日)
営業時間:17日14:00~21:00、18日13:30~21:00
料金:無料
公式サイト:http://kawagoematsuri.jp/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ