2016北区花火大会が10月8日(土)に開催!東京の秋の夜空を彩る花火を楽しもう!

  • 14913 |
  • 最終更新:

2016年10月8日(土)東京都北区では、今年で5回目となる「北区花火会」が開催されます。荒川河川敷、赤羽岩淵水門周辺を会場に、およそ5,000発の花火が打ち上げられます。美しい音楽とコラボレーションした見事な花火大会は必見です!ここでは「2016北区花火会」の魅力や観賞スポットをご紹介していきます。

https://www.facebook.com/

北区花火大会の魅力

北区花火大会は、自治体が開催する多くの花火大会と違い、民間の団体が主催し、多くのボランティアの協力によって支えられている地域密着型の花火大会です。都内では珍しい秋の花火を楽しめる花火大会です。5カ所の打ち上げ場所から、スターマインなど数々の花火が大迫力で打ち上げられます。音楽との競演がテーマとして掲げられ、さまざまに趣向を凝らした演出がされます。

花火前も後もイベントがあるため、丸一日楽しめる

当日は正午より「商店街秋祭り ハッピーファミリーフェスタ」が開催され会場を盛り上げます。北区商店街が出店する名物「北区おでん」が少し肌寒い秋の夜に大人気です。17時からは花火大会ステージイベントが開演。花火開始前には前田由紀さん(元Whiteberry)のミニライブ、そして花火終了後はジャズライブなども開催される予定です。

北区花火大会の観覧スポット

北区花火大会は見晴らしのより荒川河川敷が会場となるため、周囲には花火を遮るものはありません。まだ5回目ということもあり、来場者数にも余裕がある事から、大変ゆったりと花火を楽しむことができます。北区花火大会を楽しむ鑑賞ポイントをご紹介します。

有料指定席エリア

音楽との競演が特徴の花火ということもあり、設備を備えた有料席エリアは、やはり北区花火大会を鑑賞するのには最適なスポットです。コンサートレベルの音響機器が導入され、見事な花火と音楽の競演を体感できます。アクセスは新志茂橋からが便利です。

一般席エリア

荒川の水面に映る花火を楽しむことができる場所です。旧岩渕水門越しに見る花火も大変美しく、おすすめです。最寄り駅は東京メトロ南北線赤羽岩淵駅、志茂駅、JR赤羽駅です。いずれの駅からも徒歩20分ほどです。荒川に向かって進み、新荒川大橋、岩渕橋、新志茂橋を渡ると会場です。

荒川対岸、川口側の土手

打ち上げ会場からは近い距離でありながら、有料席、一般席エリアの対岸にあたり混雑が少なく、たいへんゆったりと花火を楽しむ事が出来ます。赤羽駅東口、川口駅東口、西新井駅からバスが便利です。「仙元橋」バス停で下車し荒川方向に進んでください。停留所から荒川土手までは200mほどです。

イベント詳細
名称:2016北区花火会
開催日時:2016年10月8日(土)
開催場所:18:30~(予定)
打ち上げ玉数:約5,000発
昨年の人出:約50,000人
交通アクセス:JR埼京線ほか赤羽駅、東京メトロ南北線赤羽岩淵駅、志茂駅より徒歩約20分
駐車場:なし
公式facebook:https://www.facebook.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ