秋の味覚と贅沢コラボ!日本酒イベント「秋のひやおろしの会」で大人の時間を過ごそう。

  • 2023 |
  • 最終更新:

9月8日(火)、東京・有楽町にある「酒蔵レストラン 宝」で、日本酒イベント「秋のひやおろしの会」が開催されます。毎年恒例になっているこちらの企画は、日本酒好きのみなさんにとても人気のイベントです。今回は、気になる「秋のひやおろしの会」の全貌に迫ります!

musshu.jp

秋のひやおろしの会とは?

毎年開催されている「秋のひやおろしの会」は、日本酒好きにとってとても贅沢なイベントです。今年も宝蔵9蔵が集結し、この時期にしか味わえない日本酒を飲むことができます。おいしい日本酒にはおいしい料理を、ということで、参加者には「酒蔵レストラン 宝」の料理長が腕を振るう「秋刀魚やきのこなど秋の味覚を楽しむ 料理長 渾身の特別コース」が提供されます。秋の味覚と、おいしい日本酒で、最高の一晩を過ごしてみてはいかがでしょう。

musshu.jp

ひやおろしとは?

一般的な日本酒の製造方法としては、原料を絞ったあとと瓶に詰めたあとの2回、加熱処理を行います。この工程は「火入れ」と呼ばれており、これにより殺菌をしています。ところが「ひやおろし」の場合は、春の製造時に1度火入れを行い、その後は蔵で寝かせて酒が熟成するのを待ちます。
そして熟成したら火入れをせずに瓶に生詰めします。これを「ひやおろし」の日本酒といいます。
火入れをせずに熟成した日本酒をそのまま提供することで、まろやかさが加わり、柔らかなノド越しを実現できます。その寝かせたお酒を飲むことができるのが、秋なんです。

飲めるお酒はこちら!

ひやおろしの日本酒のラインナップをご紹介しましょう。聞いたことがあるお酒もあるのでは。
以下、北から順に掲載しています。左がお酒の名前、右が酒蔵の名前です。
・大山 加藤嘉八郎酒蔵(山形県鶴岡市)
・浦霞   佐浦(宮城県塩釜市)
・開華   第一酒造(栃木県佐野市)
・久寿玉  平瀬酒造店(岐阜県高山市)
・白嶺    ハクレイ酒造(京都府宮津市)
・春鹿       今西清兵衛商店(奈良県奈良市)
・嘉美心 嘉美心酒造(岡山県浅口市)
・司牡丹 司牡丹酒造(高知県高岡郡)
・西の関 萱島酒造(大分県国東市)
各酒蔵が丹精込めて作った日本酒。味覚の秋に、素敵な夜を楽しんでみませんか。

イベント詳細
名称:秋のひやおろしの会
所在地:東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム地下1階
営業期間:2015年9月8日
営業時間:ランチ  月~金11時半~14時半
                         土・日11時半~15時半
              ディナー 月~金17時~23時
                           土・日17時~22時
料金:6,000円
公式サイト:http://musshu.jp/store/takara_top.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ