USJで開催中の「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」、好評につき10月12日までの延長開催が決定!

  • 6212 |
  • 最終更新:

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで7月3日から開催されている「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」。好評につき9月6日までの開催予定を、10月12日まで延長することが決定しました。まだホンモノの妖怪に会っていない方は、この機会にお子さまと一緒に妖怪ウォッチの世界に遊びに行ってみましょう。

©L5/YWP・TX

妖怪ウォッチ・ザ・リアルとは?

「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」はユニバーサル・スタジオ・ジャパンで開催中のアトラクションです。舞台は子ども達に大人気の「妖怪ウォッチ」の世界をリアルに再現した街並みです。妖怪ウォッチや妖怪パッドを活用しながら街を歩き回り、隠れているジバニャンやウィスパーといった妖怪を探し出す、というアドベンチャー型ウォークスルーアトラクションです。
人気アニメ・妖怪ウォッチのアトラクションということでオープンから話題を集めていましたが、実際に体験したゲストからも「クオリティが高い」「何度でも楽しめる」と大好評。そのため当初は9月6日までの開催予定だったのを、たくさんの希望の声に応えて10月12日まで延長することになりました。

妖怪ウォッチの世界に入って、主人公になった気分に!

「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」の魅力は何といってもリアルな世界観です。精巧に作られた妖怪ウォッチを実際に手にはめて、「さくらニュータウン」や「おつかい横丁」を歩き回りながら、隠れている妖怪たちを探し出します。子どもが妖怪ウォッチを手にするだけでなく、大人も妖怪パッドで協力できるので、家族全員で楽しめます。妖怪を見つけたらタップで連打すると、メダルになってそのまま妖怪ウォッチに入ってきます。妖怪ウォッチの主人公になった気分を味わえますよ。

「妖怪ウォッチ・ザ・ラリー」やグッズ販売も延長

「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」の開催に合わせて、パーク内では「妖怪ウォッチ・ザ・ラリー」が開催されています。パーク中に隠れた妖怪を探していくと、ゴールではリアルに作られた妖怪ガシャを回してアイテムをゲットすることができます。「妖怪ウォッチ・ザ・ラリー」も「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」に合わせて10月12日まで引き続き開催されるので、こちらもぜひチェックを。また、ここでしか買えない妖怪ウォッチの限定グッズも同様に引き続き販売されているので、ぜひ可愛いアイテムをゲットしてください。

イベント詳細
名称:妖怪ウォッチ・ザ・リアル
所在地:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府大阪市此花区桜島2-1-33)
開催期間:2015年10月12日まで
開催時間:8:30~9:30開園、20:00~22:00閉園(日によって異なる)
料金:1デイ・スタジオ・パス 大人(12歳以上)7,200円、シニア(65歳以上)6,470円、子ども(4~11歳)4,980円
公式サイト: http://www.usj.co.jp/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ