赤レンガ倉庫で「横浜オクトーバーフェスト」が10月2日より開催!ビールと生演奏を楽しもう!

  • 2870 |
  • 最終更新:

世界最大のビール祭りとして知られているドイツの「オクトーバーフェスト」が日本各地で開催されています。横浜赤レンガ倉庫では「横浜オクトーバーフェスト」が10月2日~10月18日に開催決定となりました。直輸入の生ビールとグルメでワイワイ盛り上がれる、横浜オクトーバーフェストを紹介します。

横浜オクトーバーフェストとは?

オクトーバーフェストはドイツ・ミュンヘンで開催されている世界最大のビール祭りです。巨大なビールテントや屋台、アトラクションなどがある広大な会場でビールやグルメを堪能できるとあり、本場では来場者数600万人以上、消費されるビール700万リットルとまさに世界随一の規模を誇るビールイベントです。
そのオクトーバーフェストを日本でも楽しもうと横浜の赤レンガ倉庫で開催したのが「横浜オクトーバーフェスト」の始まり。赤レンガ倉庫がドイツの建築様式を一部取り入れた建築様式であることから、本場・ドイツに限りなく近い雰囲気を楽しめるオクトーバーフェストとして人気を集めています。
今年は14回目の開催で、秋の恒例イベントとして毎年たくさんの方が来場します。本場ドイツの生ビールと、ソーセージなどビールにぴったりの料理でグルメを楽しむことができるのはもちろん、ドイツ楽団による生演奏も開催され毎年大盛り上がりとなります。

本場ドイツのビールやソーセージを堪能できる

「横浜オクトーバーフェスト」では、本場ドイツのオクトーバーフェスト公式醸造所ビールやソーセージといった、本場のメニューが充実しているのが魅力です。今年は日本初上陸のビール「アウグスティナーラガービアヘル」も販売予定です。希少なビールなので、毎日100名限定販売。狙っている人は早めの来場をおすすめします。他にも普段なかなか飲む機会のないビールやフードを楽しめる、ビール好きにはたまらないイベントです。
テント外で港の雰囲気を味わいながら飲むのも良し、テント内でドイツのビアソングを聞きながら盛り上がるのも良しと、横浜ならではのロケーションも横浜オクトーバーフェストの魅力です。また、神奈川県産のクラフトビールも出店予定なので、ご当地の味も満喫できます

ドイツ楽団による生演奏で会場は大盛り上がり

オクトーバーフェストには欠かせないドイツ楽団による生演奏がお祭り気分を盛り上げてくれます。音楽によって、会場がひとつにまとまる雰囲気は最高の気分。横浜オクトーバーフェストは参加人数が多く、横浜という土地柄外国人の方も多く参加しています。
盛り上がっている会場で、近くの人たちと乾杯しながらたくさんのビールを飲み続けられるイベントはとても楽しく、1度参加したらリピーターになる人が多いのも納得です。

今年はじめての取り組みとして、土日祝のみ1日500円の荷物預かりサービスを実施。また、10月2日(金)、7日(水)、14日(水)には女性専用席を開設します。女性だけでも気兼ねなく楽しめる空間になっています。

ドイツの食や音楽に触れながら、楽しく盛り上がれる「横浜オクトーバーフェスト」へぜひ出かけてみてください。


イベント詳細
名称:横浜オクトーバーフェスト2015
所在地:横浜赤レンガ倉庫(神奈川・横浜)
営業期間:2015年10月2日~10月18日
営業時間:平日12:00~21:30、土日祝11:00~21:00(10月2日のみ17:00~21:30)
料金:入場300円(飲食代は別途有料)
公式サイト:http://www.yokohama-akarenga.jp/​

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ