一足早く秋を感じよう!「目黒のさんま祭り」9月6日開催

  • 4348 |
  • 最終更新:

9月6日(日)に、JR・地下鉄目黒駅東口にて「目黒のさんま祭り」が開催。岩手県宮古市から届く、約6,000匹のさんまが振る舞われます。さんまだけでなく、有名落語家による落語なども楽しめる、贅沢なお祭りです。

「目黒のさんま祭り」とは?

「目黒のさんま祭り」は、昔ながらの人情味あふれる祭りや催し物を維持しようと「目黒駅前商店街振興組合青年部」によって、毎年開催されています。有名な落語「目黒のさんま」にあやかって、平成11年からスタート。さんまの本場・岩手県宮古産の脂が乗った、旬のさんま約6,000匹を振る舞っています。

また「さんまと言えばすだち」ということで、日本一の産地である徳島県神山町からは、芳醇なすだちが毎年10,000個提供されています。「目黒のさんま祭り」は、日本各地の多大なる友好関係によって支えられています。

ginjo.fc2web.com

さんまだけじゃない!「落語のプロ」も祭りに参加

「目黒のさんま祭り」は、備長炭で焼いた最高のさんまを食べるだけのお祭りではありません。先の通り、落語の一節がきっかけとなっていることから、なんと落語会のプロの方々が無料で寄席を同時開催しています。寄席は全部で第4部の構成で、全て無料となっています(100名限定、入場規制あり)。午前10時の第1部からスタート。ラストは14時30分の第4部開演となっています。

特に注目なのは、最近の漫才ブームの一役を買った「ねづっち」。得意芸である「お題」を突然もらっての漫談は必見です。ねづっちをはじめ、春風亭勢朝や立川志、そして締めの三遊亭吉窓の「目黒のさんま」もぜひ聴いてみたい落語ですね。

イベント詳細                                       名称 : 目黒のさんま祭り
所在地: 目黒駅前商店街(JR・地下鉄目黒駅東口)
営業期間2015年9月6日(日)
営業時間:10:00〜14:00
料金: 入場無料
公式サイト : http://www.asahi-net.or.jp/~xq7k-fsm/sanma.htm

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ