熱海梅園で、日本一遅い紅葉と日本一早咲きの梅を一緒に観賞!

  • 1152 |
  • 最終更新:

熱海梅園は「日本一早咲きの梅」で知られる静岡県熱海市の公園です。園内には多くの梅が植えられていますが、カエデ類も約380本あり秋は紅葉スポットとして賑わいます。気候が暖かく、日本一遅い紅葉を楽しめるのも熱海梅園の魅力です。ここでは、熱海梅園の見頃について紹介します。

http://blogs.yahoo.co.jp/

熱海梅園の魅力

熱海梅園は明治19年、静岡県に開園した公園です。「日本一早咲きの梅」と「日本一遅い紅葉」で知られています。植えられている梅は樹齢100年を超える古木を含めた464本。日本三大梅園のひとつです。毎年1月中旬から「熱海梅園梅まつり」が開催され、多くの観光客で賑わいます。

また、梅だけではなく約380本のカエデ類も植えられており、秋は例年ゆっくりと時間をかけて色づく美しい紅葉を観賞できます。紅葉の期間中は園内をライトアップする「熱海梅園もみじまつり」も開催。期間中は毎日夕方から夜間にかけてにライトアップが行われますので、幻想的に浮かび上がる紅葉を楽しめます。
ほかにも足湯サービスやジャズコンサート、オープンカフェ、甘酒サービスなどさまざまな催しものがあり、昼間とは違った雰囲気を味わえるのも魅力です。

熱海梅園の見頃の時期について

熱海梅園は例年11月中旬から色づき始め、11月下旬から12月上旬が見頃です。早咲きの梅が11月中旬あたりから開花し始めるので、運が良ければ紅葉と梅が同時に見られるかもしれません。アクセスも良く紅葉期間中は昼も夜も楽しめます。イベントの開催日や時間に合わせて気軽に足を運んでみてください。

熱海梅園のアクセス

電車利用
JR伊東線来宮駅から徒歩約10分。またはJR熱海駅から「相の原団地行き」バスに乗車して約15分、「梅園」下車します。

車利用
西湘バイパス「石橋IC」から国道135号を熱海方面へ約40分。駐車場は100台、もみじまつり期間中のみ有料になります。

スポット詳細
名称:熱海梅園
所在地:静岡県熱海市梅園町8-11
定休日:無休
営業時間:自由
料金:無料
公式サイト:http://www.city.atami.shizuoka.jp/page.php?p_id=173

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ