断崖から温泉が噴き上がる大噴湯は迫力満点!秋田県湯沢市「小安峡」で紅葉と温泉を満喫しよう

  • 2083 |
  • 最終更新:

小安峡は秋田県湯沢市にある全長約8kmの峡谷で、秋田県を代表する紅葉名所です。絶壁の岩間から蒸気がもくもくと上がる大噴湯では、紅葉と岩肌のコントラストがとても美しく、迫力のある姿は一見の価値があります。遊歩道を散策しながら疲れた足を温泉で癒すこともできる、休日のお出かけにぴったりのスポットです。 

http://oyasukyo.jp/

小安峡の魅力

秋田県湯沢市にある小安峡(おやすきょう)は、長い年月をかけて作られた高さ60mの絶壁の底を皆瀬川が流れる、全長約8kmの峡谷です。秋田県を代表する紅葉名所として有名で、V字峡に立ち並ぶカエデやブナ、ナナカマドなどの樹木が紅葉する様子は圧巻です。

不動滝、薬師滝など数多くの大小の滝がありますが、中でも絶壁の岩間から蒸気がもくもくと噴出している大噴湯は小安峡の中でも一番の見どころです。1時間に約10tもの温泉が噴出していて、別名「地獄釜」とも呼ばれています。秋の紅葉シーズンになると岩肌とのコントラストや紅葉をバックした大噴湯の白い蒸気がとても美しく、迫力満点の紅葉を見ることができます。

小安峡は比較的交通アクセスが良いことや、遊歩道も整備されているので散策しやすいのが魅力。上流には小安峡温泉もあり、散策で疲れた体や足をゆったりと温泉に浸かって癒すこともできます。

小安峡の見頃は10月中旬~10月下旬

小安峡の紅葉は10月上旬頃からだんだんと色づき、最もキレイな見頃が10月中旬~10月下旬です。
例年紅葉期間中に小安峡では紅葉まつりが開催されます。手作りのお菓子や新鮮な野菜、温泉焼きそばや焼き鳥などのお店もあり、多くの人で賑わいます。今年の紅葉まつりは10月18日(日)に開催されるので、日程を合わせてお出かけしてみてはいかがでしょうか。

小安峡のアクセス

車の場合
湯沢横手道路「湯沢IC」から国道398号を経由して約40分。駐車場50台無料。
電車の場合
JR奥羽本線「湯沢駅」から羽後交通バス「小安温泉行き」に乗車して55分、河原湯橋下車すぐ。

■スポット詳細
名称:小安峡
所在地:秋田県湯沢市皆瀬湯元5-1
定休日:散策自由
営業時間:散策自由
料金:無料
公式サイト: http://www.oyasukyo.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ