京都市西京区の「善峯寺」で歴史ある山寺の鮮やかな紅葉を楽しもう!

  • 1524 |
  • 最終更新:

桜や紅葉の名所として有名なお寺「善峯寺」は、京都市西京区にあります。大原野なども近い山あいに佇む寺は、自然の山も借景にした美しい紅葉を楽しめます。今回はこの「善峯寺」の紅葉についてご紹介します。

http://blog.goo.ne.jp/

京都市西京区「善峯寺」の紅葉の魅力

「善峯寺」の歴史はとても古く、長元2年(1029年)に創建されたといわれています。境内には重要文化財に指定された「多宝塔」や、天然記念物の「遊龍の松」があります。遊龍の松は樹齢600年の五葉松が約50mにわたって龍が遊ぶように横に伸びた姿が特徴的です。
春の桜と秋の紅葉の時期は、多くの観光客が訪れます。「善峯寺」の紅葉は11月上旬から色づきを見せます。11月の上旬から12月上旬までが見頃となっており、3万坪の広い境内と向かいの山が赤や黄色に染まる絶景となります。

「そうだ京都、行こう。」でお馴染みの「善峯寺」

山寺ならではの豪快な紅葉は、2005年秋のJR東海のテレビCM「そうだ京都、行こう。」で紹介されたこともあります。重要文化財の「多宝塔」を覆う鮮やかな紅葉や、天然記念物「遊龍の松」の緑と紅葉のコントラストも綺麗です。
主な樹木はモミジ。歴史あるお寺の境内を鮮やかな赤色で演出する様子は非常に美しく、京都の紅葉の中でもおすすめのスポットとなっています。

「善峯寺」へのアクセス

「善峯寺」は京都府京都市の西京区にあります。
電車とバスで訪れる場合には、JR京都線「向日町駅」または阪急電車の阪急京都線「阪急東向日駅」を下車して阪急バス66番「善峯寺行き」に乗車。終点の「善峯寺」で下車した後、徒歩8分で到着となります。
車で訪れる場合には、京都縦貫道「沓掛IC」から約20分、同じく京都縦貫道「大原野IC」からは約15分となります。駐車場は有料の参拝者専用駐車場(150台)がありますが、11月下旬の紅葉シーズンは入庫待ちや満車になる可能性もあります。公共交通機関を利用して訪れるのが良いかもしれません。

スポット詳細
名称:善峯寺
所在地:京都府京都市西京区大原野小塩町1372
定休日:なし
拝観時間:8:00~17:00(16:45受付終了)
入山料:大人500円、高校生300円、小・中学生200円
公式サイト:http://www.yoshiminedera.com/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ