日本一の桜の名所、奈良県「吉野山」で鮮やかなサクラの紅葉を楽しもう!ライトアップも開催

  • 1738 |
  • 最終更新:

奈良県「吉野山」は、大峰連山の北端から南に約8km続く尾根です。日本一の桜の名所として知られ、春には3万本の桜の木が満開となります。秋に紅葉が始まると、春の華やかな印象をガラリと変えます。また、紅葉のライトアップや森林セラピーツアーなどがあり、雰囲気を盛り上げます。

http://inakaseikatsu.blog.so-net.ne.jp/

吉野山の紅葉の魅力

吉野山に桜が多いのは、のちの天武天皇である大海人王子が、庭の桜が満開になる夢を見て、その後に天下を統べたことがきっかけです。桜は霊木であり、蔵王権現の神木であることから、桜の愛護が始まったと伝えられています。吉野山の頂上にある高城山展望休憩所などから、眼下に眺める紅葉は絶景。周辺には神社や仏閣、おみやげ店などが多数あり、見ているだけでも楽しめます。

11月中旬から下旬にかけて紅葉のライトアップが行われ、昼間と一変した幽玄な景色を堪能できます。また、11月6日(金)、12月11日(金)には「秋の森林セラピーツアー」が催され、森林セラピーと共に、癒やしと安らぎの待つ宿でゆっくりと過ごせます。また、11月21日(土)には紅葉のライトアップツアーが開催。午後4時30分に最寄り駅の桜井駅を出発し、吉野山の紅葉を観賞します。美しいサクラモミジの紅葉をのんびりと楽しみましょう。

紅葉の見頃時期について

10月中旬にサクラが紅葉し始め、11月の初旬にカエデが紅葉を始めます。10月下旬から11月下旬までが見頃で、サクラとカエデの紅葉を一緒に楽しめます。吉野山は標高差があるため、山頂から麓への色づきがグラデーションになり、まるで絵のような美しさを見られます。春には桜の花、秋には紅葉。1年に2回訪れたくなる観光名所です。

吉野山へのアクセス

公共交通機関の利用の場合は、近鉄吉野線「吉野駅」から、吉野大峯ケーブル「吉野山駅」で下車します。

車の場合は南阪奈道「葛城IC」から国道24号・169号経由で約1時間。または名阪国道「針IC」から国道369号・370号・県道28号線・169号線経由で約1時間です。お土産店が多く立ち並んでいるので、吉野山のお土産選びに最適です。

■スポット詳細
名称:吉野山
所在地:奈良県吉野町吉野山
料金:森林セラピー 10,000円コース 16,000円コース
   紅葉ライトアップツアー 4,800円
公式サイト:http://yoshino-kankou.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ