名勝天然記念物の愛知県新城市「鳳来寺山」の紅葉!今年は11月23日にもみじまつりが開催

  • 1872 |
  • 最終更新:

鳳来寺山は、山全体が国指定の名勝天然記念物。日本一の樹高を誇る杉を見ることができる山で、山腹一帯が見事に色づく紅葉の名所でもあります。
例年紅葉の見頃時期に合わせてもみじまつりが開催されます。愛知県新城市の今年も11月23日(月・祝)をメインに、千の灯篭点灯やイベントを楽しむことができる鳳来寺山の魅力を紹介します。

http://atatakaphoto.at.webry.info/

美しい自然の姿をそのままに残す鳳来寺山

鳳来寺山は愛知県新城市鳳来寺にある、標高695mの山です。岩肌を露出したその美しい姿は、山全体が国の名勝天然記念物に指定されています。
鳳来寺山表参道の石段を登ると推定樹齢800年、60m近くの日本一の樹高を誇る杉の木を見ることができます。幹の上の方で傘のように枝が四方に広がる姿から「傘杉」と呼ばれ、新日本名木百選にも選ばれています。

植生豊富でさまざまな植物を楽しめる

鳳来寺山は山全体がほぼ原生林に覆われているため植生がとても豊富です。モミやツガを主体にした温帯樹種からシイ・カシ類・ヤブツバキなどの暖帯系植物が混在していて、麓からの植物の種類は実に800種類以上とまで言われています。鳳来寺山頂付近には東照宮があり、鳳来寺と徳川家康を祀っています。

紅葉の時期には「もみじまつり」が開催

麓から本堂までの石段道中は、色とりどりの紅葉が老杉から見え隠れしていて情緒ある雰囲気。例年紅葉の期間には「鳳来寺山もみじまつり」を開催。特定の日には千の灯篭を点灯し、さまざまなイベントも企画されています。今年は11月1日(日)~30日(月)を予定。参道周辺にて物産展や野点茶会、抽選会なども開催されます。

鳳来寺山の見頃は11月中旬~12月上旬

鳳来寺山の紅葉の見頃は11月中旬~12月上旬です。鳳来寺山の入口から紅葉のトンネルとなっているので、見頃の時期になると山頂まで登らずとも美しい紅葉を楽しむことができます。
お出かけをするなら11月中旬~下旬の休日がおすすめです。特にもみじまつりは11月23日がメインとなるので、その日に合わせて行けば紅葉以外にも楽しみが広がります。

鳳来寺山のアクセス

電車利用の場合
JR飯田線「本長篠駅」から豊鉄バス「鳳来寺山頂行き」に乗車、終点「鳳来寺山頂」で下車。または豊鉄バス「田口行き」に乗車、「鳳来寺」で下車、徒歩約15分(石段昇り口)。

車利用の場合
東名高速道路「豊川IC」から国道151号経由、県道524号・門谷豊岡線を鳳来寺方面へ32km。または、三遠南信自動車道「鳳来峡IC」から国道151号経由、県道524号・谷豊岡線を鳳来寺方面へ12.3km。駐車場は180台(普通車510円)。

スポット詳細
名称:鳳来寺山
所在地:新城市門谷字鳳来寺
定休日:無休
営業時間:散策自由、駐車場は8:00~18:00
料金:散策無料
公式サイト:http://www.shinshirokankou.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ