嵐山など観光スポット多数!京都「洛西」エリアのライトアップが美しい紅葉を満喫しよう

  • 1723 |
  • 最終更新:

洛西エリアは、京都観光の名所として有名な嵐山や金閣寺、嵯峨野のあるエリアです。洛西には、荘厳な雰囲気の寺や神社がそろい、またトロッコ列車が楽しめる場所もあります。ここでは、紅葉の期間中に開催される寺院などの特別拝観や夜間ライトアップを中心に紹介します。

http://tokiwai.blogspot.jp/

洛西エリアの紅葉の魅力

洛西エリアにある紅葉の名所では、夜間ライトアップが期間限定で開催されます。
開催場所は高雄、神護寺、嵯峨野トロッコ列車、大覚寺、宝厳院など。11月1日から29日までの期間、午後5時から午後8時まで、三尾の神護寺参道や清滝川沿い、西明寺付近の紅葉を照らす「高雄もみじのライトアップ」が開催されます。

11月7日(土)から23日(月・祝)までの期間、午後5時から午後7時まで「神護寺」でライトアップが行われ、金堂の夜間拝観、薬師如来像の拝観が可能です。
11月中旬から12月の初旬までは、「嵯峨野トロッコ列車ライトアップ運行」が開催。美しくライトアップされた亀岡、保津峡、嵐山間の紅葉を楽しめます。
11月13日(金)から12月6日(日)までの期間、午後5時30分から午後8時まで、旧嵯峨御所大覚寺門跡で「夜間特別拝観 真紅の水鏡」が開催。境内のほか、大沢池の周辺を艶やかに照らしていきます。
11月13日から12月6日までの午後5時30分から午後8時15分まで、宝厳院の境内ライトアップが開催。「獅子吼の庭」とも呼ばれ「都林泉名勝図会」にも載った名園の夜の世界を楽しみましょう。

京都洛西エリアの紅葉、見頃の時期について

洛西周辺の紅葉は11月上旬から色づき始め、11月中旬から下旬にかけて見頃を迎えます。カエデやサクラなどの落葉を楽しめます。

洛西エリア各所へのアクセス

「高雄もみじのライトアップ」や、「神護寺」に向かう場合は、「京都駅」または、地下鉄烏丸線「京都駅」からのバス「高雄・京北線」で約50分。「山城高雄」下車後、徒歩約20分です。
他にも阪急京都線「烏丸駅」、地下鉄烏丸線「四条駅」から市バス8号系統で約45分、「高雄」下車後徒歩約20分で向かえます。

「大覚寺」へのアクセスは、「嵯峨嵐山駅」から徒歩約17分、「嵐山駅」から徒歩で約23分です。

「宝厳院」へのアクセスは、電車の場合は「嵯峨嵐山駅」下車徒歩10分、嵐電「嵐山駅」下車徒歩3分。京阪「三条」下車、嵐電「嵐山駅」下車、または、阪急「嵐山駅」下車徒歩10分です。

■スポット詳細

名称:洛西エリア
所在地:京都府京都市西京区
料金など:神護寺(拝観時間 午前9時から午後6時)
      大人(中高生・大学生) 600円
      小学生 300円
      ライトアップ期間 800円
     嵯峨野トロッコ列車
      大人 620円
      小人 310円
     大覚寺(拝観時間 午前9時から午後5時) 
      大人 500円
      小中高 300円
     宝厳院(拝観時間 午前9時から午後5時)
      大人 500円
      小中学生 300円
      ライトアップ期間 大人 600円  小中学生 300円

公式サイト:http://www.kyo-takao.com/index.html(高雄保勝会)
                http://www.jingoji.or.jp/(高雄山神護寺)
        http://www.sagano-kanko.co.jp/(嵯峨野観光鉄道)
        http://www.daikakuji.or.jp/(大覚寺)
        http://www.hogonin.jp/(宝厳院)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ