大雪山(黒岳)の日本一早い紅葉を満喫するなら北海道へGO

  • 1098 |
  • 最終更新:

北海道の中心部に位置する上川郡には「大雪山」と呼ばれる火山群があります。大雪山は「日本一早い紅葉が楽しめる」場所として知られており、他の地域ではまだ残暑厳しい時期に、一足早く秋の訪れと共に紅葉を楽しむことができます。今回はその大雪山の「黒岳」の紅葉についてご紹介します。

good-hokkaido.info/daisetsuzan-national-park

北海道「大雪山(黒岳)」の紅葉の魅力

「大雪山」は北海道のまさにど真ん中にある火山群です。北海道の最高峰(2,291m)である「旭岳」を始めとして「北鎮岳」「白雲岳」「愛別岳」「北海岳」「黒岳」「赤岳」「緑岳」などの山々を総称して大雪山と呼びます。
北海道の地理や気候の特徴からも国内最速で初雪(9月15日あたり)を観測できる場所となりますが、それと共に紅葉を日本一早く楽しむことができる場所としても有名です。紅葉の見頃は8月下旬から色づき始め、9月の中旬がピークとなっているように、他ではまだ残暑厳しい時期にいち早く紅葉シーズンとなるのです。

紅葉スポットのオススメは「黒岳」

大雪山は高山植物の宝庫でもあり、夏にはチングルマやエゾノツガザクラなどのお花畑となりますが、秋にはそれらの植物が一斉に紅葉します。ウラジロナナカマドやウラシマツツジを始めとしてカエデやモミジが、標高1,984mの黒岳から層雲峡まで約一ヶ月をかけて赤いベールを下ろします。
黒岳には七合目までロープウェイやリフトを利用して登ることができます。寒さ対策をしっかりして、大雪山の紅葉を楽しみましょう。黒岳の他に「赤岳」の銀泉台や、大雪山の「高原温泉」も見どころになっています。

北海道「大雪山(黒岳)」へのアクセス

電車で訪れる場合には、JR「上川駅」から「層雲峡温泉」までバスで約30分。黒岳の5合目まではロープウェイを利用して約7分、5合目から7合目まではリフトを利用して約15分となります。7合目から山頂までは登山で約1時間30分となります。
車で訪れる場合には、旭川紋別自動車道「上川層雲峡IC」から国道39号線経由で層雲峡温泉まで約30分となります。ロープウェイ乗り場に無料の駐車場があります。
大雪山の黒岳で日本一早い紅葉で秋の訪れを感じてみてはいかがですか。

スポット詳細
名称:大雪山(黒岳)
所在地:北海道上川郡上川町
公式サイト:http://www.town.hokkaido-kamikawa.lg.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ