360度の絶景が広がるスポットあり!「大台ヶ原」で、ゆったりと紅葉狩りを楽しもう!

  • 1184 |
  • 最終更新:

大台ヶ原は台高山系の南端に位置し、「近畿の屋根」と称される高原台地です。標高1,695mの日出ヶ岳を主峰に森林や草原、断崖、瀑布、渓流、湿地などが広がる大自然です。周遊コースで向かえる大蛇嵓(だいじゃぐら)の眼下からは、垂直約800mの断崖絶壁の絶景と紅葉を楽しめます。

http://blog.goo.ne.jp/

大台ヶ原の紅葉の魅力

大台ヶ原では春夏秋冬それぞれの景色や雰囲気を楽しむ事ができ、シャクナゲやシロヤシオなど春の緑、夏の高山植物の彩り、秋の鮮やかな紅葉、冬の霧氷など四季おりおりの表情を堪能できます。
大台ヶ原は日本百名山に数えられ、2つのコースで登山を楽しめます。雄大な景色を楽しみたい際は、東大台周遊コースがオススメ。見所の日出ヶ岳、大蛇嵓をしっかりと押さえています。大蛇嵓から見下ろす絶景と紅葉、シオカラ谷を望む吊り橋からの紅葉がオススメスポットです。
また、又剱山山頂からその雄姿を覗くことができる、落差250mの「中の滝」は、迫力満点です。もう一つの西大台周遊コースへの立入りは、自然が残る山として利用調整区間に登録されているため、事前に申請・レクチャーが必要です。

大台ケ原の紅葉見頃の時期について

10月の初旬から紅葉が始まり、見頃は10月中旬から11月上旬。ブナやミズナラ、シロヤシオ、ナナカマド、オオイタヤメイゲツなどが紅葉します。紅や黄色に染まる山は、冬のためにいっそうの活気に溢れます。
北山村にある水分神社では11月中旬から12月中旬まで、モミジの紅葉と桜の花を同時に楽しめる場所があります。紅葉に染まる大自然に抱かれながら、登山を楽しみましょう。ここでしか体験できない、自然との出会いが待っています。

大台ヶ原へのアクセス

【電車を利用する場合】
近鉄吉野線の「大和上市駅」から奈良交通バスで約1時間50分。「大台ヶ原」下車です。

【車を利用する場合】
名阪国道「針IC」から国道370号・169号経由で約2時間30分。または、南阪奈道路国道165号から国道169号経由で約2時間です。シーズン中は混み合うため、公共交通機関の利用をお勧めします。

スポット詳細
名称:大台ヶ原
所在地:奈良県上北山村小橡大台山
公式サイト:http://www.vill.kamikitayama.nara.jp/kanko/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ