定山渓温泉 紅葉狩りとほっこり札幌散策。温泉×清流×吊橋のコラボ

  • 1728 |
  • 最終更新:

札幌の奥座敷「定山渓温泉(じょうざんけいおんせん)」は、アイヌの時代から続く北海道を代表する温泉地です。紅葉の名所としても有名で、温泉街から続く散策路には、清流や吊橋などフォトジェニックなスポットが目白押し!ここでは札幌市中心部から1時間で行ける「定山渓温泉」の紅葉情報を紹介します。

http://plaza.rakuten.co.jp/

定山渓温泉の魅力

定山渓温泉は豊平川上流の山峡にあり、温泉街から渓流へと続く定山渓谷散策路を歩いていくと、カエデやヤマブドウ、ナナカマド、サクラなどの美しい紅葉を眺めることができます。
定山渓温泉には「かっぱ伝説」があり、周辺にはかっぱをモチーフとしたデザインがいたる所にあります。かっぱ伝説の始まりの場所である「かっぱ淵」を見渡せる「二見吊橋」は、一番の絶景ポイント。真っ赤な吊橋と渓流、錦色の紅葉は写真撮影にもおすすめです。

紅葉狩りの後は温泉へ

定山渓温泉街にある「定山源泉公園」には、ほっこりくつろげる「足湯」や、温泉たまごを作ることができる「温泉たまごの湯」があります。足湯と温泉たまごで冷えた体を温めましょう。

定山渓温泉の紅葉の見頃はいつ?

定山渓温泉の紅葉は、例年9月下旬から色づき始め、10月中旬にかけて見頃をむかえます。
この時期は東京との気温差が10度以上となり、朝晩はかなり冷え込みます。上着のほかに大判ストールを1枚持っていくと便利ですよ。

定山渓温泉へのアクセス

定山渓温泉へは、電車・バス、車でアクセスできます。

電車・バスの場合
JR「札幌駅」または地下鉄南北線「真駒内駅」から定山渓温泉行きじょうてつバスに乗車して、「湯の町」停留所で下車。徒歩すぐです。新千歳空港から直行バス(1時間40分)も運行しているので、空港を利用する方におすすめです。

車の場合
札幌市街から国道230号を経由して約45分です。国道230号線沿いに公共駐車場(無料)が2カ所あります。
定山渓観光案内所からは、5カ所の橋をめぐる紅葉観光ツアー「紅葉かっぱバス」が運行しています。紅葉かっぱバスは10月1日(木)~21日(水)まで。1日4便、定員各45名(全席自由席)となっていて、料金は500円です。
農家直営の物産販売もあるので、お土産にもおすすめ。ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

■スポット詳細
名称:定山渓温泉
所在地:北海道札幌市南区定山渓温泉
公式サイト:http://jozankei.jp/

 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ