長崎「雲仙岳」は120種類の紅葉植物が魅力!ロープウェーから眺める紅葉も格別

  • 1294 |
  • 最終更新:

長崎県の島原半島にある雲仙岳(うんぜんだけ)は、有名な普賢岳をメインとする標高1,359mの複式火山群です。秋になると山の斜面に広がる紅葉が見事です。麓の雲仙温泉は最近では特に訪日外国人に人気です。

http://guzuguzu.blog14.fc2.com/

美しい赤を楽しめる、雲仙岳の紅葉

雲仙岳で鑑賞できる紅葉植物は、赤の代表と言われている「コハウチワカエデ」や、国内で最も見られる「イロハモミジ」、幹が12mに達する高木の「ウリハダカエデ」、真っ赤な果実が特徴的な「ナナカマド」等です。この他にも雲仙に生息する紅葉植物は120種類以上とされ、その種類の豊富さから昭和3年に国の天然記念物として指定されています。

紅葉のピークは10月下旬から11月上旬

雲仙岳の紅葉見頃ピークは10月下旬から11月上旬です。この頃になると雲仙岳の山の斜面では、赤や黄色、オレンジに緑と様々な色づきをたっぷりと楽しめます。また雲仙岳には仁田峠ロープウェイが完備されています。頂上まで続く道中から眺める空中散歩での紅葉鑑賞が特に人気です。

11月8日(日)に開催される「雲仙紅葉ウォーク」では、見所の紅葉スポットをゆっくり巡る「秋の雲仙満喫コース」や2本の専用ポールを持って歩く「ノルディック・ウォーキングコース」、雲仙岳を本格登山する「登山道コース」が用意されています。参加者に合ったコースが選べる、秋の人気イベントです。雲仙岳の秋の恒例イベントとして、毎年各地から多数の方々が参加しています。

「雲仙岳」へのアクセス

【電車】JR諌早駅からバス約1時間20分「島鉄雲仙営業所」下車、仁田峠まで車または乗り合いタクシー(1日3便、要予約)約20分

【車】長崎道諫早ICから仁田峠まで約1時間20分

【その他】小浜温泉街からバス約25分「島鉄雲仙営業所」下車、仁田峠まで車または乗り合いタクシー(1日3便、要予約)約20分

周辺には、五家荘(せんだん轟の滝)や蘇陽峡、春日渓谷、長安寺といった長崎を代表する紅葉スポットが充実しています。

■スポット詳細
名称:雲仙岳
所在地:〒854-0621長崎県雲仙市小浜町雲仙320 
定休日:なし(濃霧・積雪・凍結等の場合通行止めあり)
ロープウェイ営業時間:8:51~17:31(4~10月) 8:51~17:23(11~3月)
公式サイト:http://www.unzen.org/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ