紅葉のトンネルは必見。世界遺産、京都・高山寺の紅葉を見に出かけよう

  • 2106 |
  • 最終更新:

1994年に世界文化遺産に登録された京都市右京区の栂尾山にある「高山寺(こうさんじ)」は、境内のあちらこちらにカエデが植栽されていることから、別名「カエデの寺」と称されるほどの日本を代表する紅葉鑑賞寺院です。特に、石水院へ向かう裏参道の紅葉のトンネルは高い人気があります。 

http://digiphto.seesaa.net/

天目カエデのトンネルは必見

高山寺で見られる紅葉植物は、主に「天目(テンモク)カエデ」という珍しい植物です。特徴は、葉が小さめながら葉と葉の間の切れ目が深いという点のほか、枝がまるで枝垂れ桜のように垂れ下がります。特に、石水院への表参道では天目カエデがトンネルのように参道を包み込む様子が非常に美しく、その見事な風情のある姿に多くの人々が魅了されています。
高山寺自体はライトアップしていませんが、近隣の神護寺参道や西明寺に向かう清滝川沿いにて「高尾もみじライトアップ」が行われます。また緩やかな階段の脇にある灯籠にも火が灯されるなど、おごそかな夜の紅葉をゆったりと満喫出来ます。

高山寺の紅葉の見頃は、11月中旬から12月上旬とやや遅め

高山寺の紅葉色づきは11月上旬頃からと、高尾と呼ばれる一帯の紅葉スポットの中でも少し遅めに色づきます。そのため、高山寺の紅葉のピークに鑑賞したい方は11月中旬から12月上旬が最もオススメ。周辺の紅葉スポットの見頃と若干遅いため、比較的混雑がなくゆったりと散策できます。
通常高山寺の入山料は無料ですが、紅葉シーズンの11月から12月は有料(500円)となります。ちなみにカエデのトンネルで有名な石水院の拝観料は600円で、こちらは年間を通して有料です。

「高山寺」へのアクセス

【電車の場合】JR京都駅からJRバス約1時間、「栂ノ尾」下車徒歩約5分。また京都市営地下鉄烏丸線四条駅から、市バス8系統で約50分、高雄下車、徒歩約15分。
【お車の場合】栂ノ尾バス停近くに市営駐車場がありますが台数が100台(無料)と少ないため混雑することが予想されます。(※駐車料金、11月のみ有料)
また周辺のスポットでは、フィッシングエリアや池遊園地など様々なレジャー設備が充実している「嵐山高雄パークウェイ」(営業時間8時~20時)があります。その施設内にある「保津峡展望台」も見事な紅葉が眺められるとして大変人気です。

スポット詳細
名称:高山寺
所在地:京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
拝観時間:8:30~17:00
料金:石水院拝観料600円(11月〜12月のみ入山料500円)
公式サイト:http://www.kosanji.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ