モミジの寺として愛される光明寺。もみじ参道の真っ赤なトンネルは壮観!

  • 1315 |
  • 最終更新:

京都府長岡京市にある光明寺は、境内およそ18000坪、建物33棟という広大な敷地を持つ西山浄土宗の総本山です。晩秋には全山が真っ赤に色づき、華やかな景観が訪れた人を惹きつけてやみません。ここでは光明寺の紅葉について、魅力を紹介します。

http://deardog.exblog.jp/

光明寺の紅葉の魅力とは?

平城京から北に40km、木津川、宇治川、桂川が合流して淀川になる利便性も伴い、桓武天皇の勅命によって784年に遷都、日本の首都として栄えた長岡京。現在は、京都・大阪の二大都市を結ぶ軸の中心に位置し、歴史的資源と豊かな自然が融合した町です。光明寺は、平家物語で知られる熊谷次郎直実が法然上人の弟子として、建久9(1198)年に草庵を結んだことを起源とし、西山浄土宗総本山として深い信仰を集めています。

地元ではモミジ寺の愛称で親しまれ、紅葉時期にはヤマモミジ、イロハモミジが色づき、寺全体を鮮やかな赤色で包みます。なかでも、紅葉した木々がトンネルのように参道を覆うさまは見事で、モミジ参道と呼ばれ、長岡京の秋の名物になっています。

光明寺の紅葉の見頃について

例年11月中旬から色づき始め、11月下旬に見頃を迎えます。

光明寺のアクセス

紅葉時の光明寺には駐車場がありません。公共交通機関を利用しましょう。
※遠方からの場合は、長岡京市営 長岡京駅西駐車場からのパーク&ライドがおすすめです。

【阪急電鉄でのアクセス】

最寄り駅は阪急京都線の「長岡天神」駅です。
「長岡天神」駅からは、徒歩だと約30分です。
バス利用の場合は、阪急バス「22系統」で約10分、「旭が丘ホーム前」下車、徒歩約3分です。

【JRでのアクセス】

JR京都線(東海道本線)長岡京駅下車 西出口バス停:阪急バス「20または22系統」で約20分、「旭が丘ホーム前」下車、徒歩約3分です。

【周辺観光情報】

長岡京市には、光明寺のほかにも紅葉の名所がたくさんあります。
眼の観音様として親しまれ、1200年の歴史を誇る「柳谷観音(楊谷寺)」、学問の神様・菅原道真をご祭神と祀る「長岡天満宮の錦景苑」、延喜10年(910)三井寺の開祖智證大師の弟子、千観上人が開基したといわれる「長法寺」など、歴史と自然が見事に融合したスポットをめぐってみるのも良いでしょう。

スポット詳細

名称:光明寺
所在地:京都府長岡京市粟生西条ノ内26-1
定休日:なし
営業時間:9:00~16:30(16:00で受付終了)
料金:拝観料(紅葉シーズンのみ) 高校生以上500円・中学生以下無料
公式サイト:http://www.komyo-ji.or.jp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ