花貫渓谷で紅葉を満喫!左右からせり出す紅葉がトンネルのよう

  • 2173 |
  • 最終更新:

茨城県高萩市にある花貫渓谷は、秋になると渓谷にかかる約60メートルの汐見滝吊り橋に紅葉がトンネルにようにかぶさり、足下の汐見滝との鮮やかなコントラストを楽しめます。花貫川沿いに名馬里ケ淵や不動滝など自然豊かな景色が続く渓谷です。ここでは、花貫渓谷の紅葉の見頃と魅力についてご紹介します。

http://odekakeakari.at.webry.info/

花貫渓谷の魅力

花貫ダムから名馬里ケ淵、小滝沢キャンプ場にかけて淵や滝、吊り橋などの自然豊かな景色が続く、茨城県高萩市の花貫渓谷。春は新緑、秋は紅葉を楽しめます。遊歩道がしっかり整備されているので、ハイキングを楽しみに毎年多くの観光客が訪れるスポットです。
特に約60メートルの汐見滝吊り橋は、紅葉の絶景スポットとして有名。秋になると川沿いからせり出す樹木が色づき、華やかな紅葉のトンネルと眼下に流れる汐見滝の美しいコラボレーションを楽しめます。

紅葉期間中は「紅葉まつり」も開催

また、奇怪な仕草をする馬を沈めたら翌日に洪水となり、集落が流されてしまったとの伝説が残る名馬里ヶ淵があります。そのほか無料の小滝沢キャンプ場もおすすめです。炊飯場やトイレが完備されていて、気軽にキャンプやバーベキューを楽しめます。
紅葉の見頃に合わせて開催される紅葉まつりも見どころのひとつ。期間中は花貫駐車場で市内の特産品や農産物の販売が行われるほか、茨城名物の串焼きやけんちん汁などの屋台も立ち並びます。紅葉とともに楽しんでみてください。

花貫渓谷の紅葉の見頃時期は11月中旬~11月下旬

花貫渓谷の紅葉の見頃は11月中旬から11月下旬です。11月上旬からモミジやクヌギ、ヤマザクラ、カエデなどがだんだんと色づきはじめます。例年この見頃の時期に合わせて11月1日から11月30日前後に紅葉まつりが開催されるますので、11月頃に足を運んでみてください。
花貫渓谷は茨城県でも有数の紅葉の名所のため、全国各地から紅葉を見に来る方が多く訪れます。早めの時間帯から出向くのがおすすめです。

花貫渓谷へのアクセス

【車を利用する場合】
常磐自動車道「高萩IC」より国道461号を経由して約20分です。花貫駐車場は普通車80台、大能駐車場は40台あります。紅葉期間中は花貫駐車場から小滝沢キャンプ場入口までが交通規制されますのでご注意ください。駐車場は紅葉まつり期間のみ普通車500円/台が必要です。

【電車を利用する場合】
JR常磐線「高萩駅」よりタクシーで約25分でアクセスできます。

スポット詳細
名称:花貫渓谷
所在地:茨城県高萩市大能地内
公式サイト:http://www.takahagi-kanko.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ