静寂に満ちた空間での紅葉は一味違う!世界遺産・中尊寺で楽しむ紅葉狩りが美しい

  • 1158 |
  • 最終更新:

中尊寺は、岩手県にある寺院で、世界遺産にも登録されています。藤原氏ゆかりの寺として、歴史の教科書でも取り上げられることが多く、中でも金色堂が全国的に有名です。今回は、そんな中尊寺の紅葉をご紹介していきます。

http://japan007.doorblog.jp/

中尊寺の紅葉の魅力

中尊寺は、およそ900年前に建立された寺院で、日本でも有数の歴史あるお寺です。藤原氏の栄華とともに発展してきましたが、彼らの滅亡とともに衰退していました。しかし、多くの建造物や文化遺産が今日まで残り、平安の歴史を今に伝えています。
そんな歴史をもつ中尊寺の境内は、荘厳な空気に包まれていて、時間の重みを感じさせます。うっそうとした大樹が多いのが印象的ですが、観光の目玉ともなっている金色堂の周辺では、カエデやモミジが美しく紅葉します。山の中で鑑賞する、自然の中の紅葉も美しいですが、歴史ある寺院の中の紅葉というのも趣があり、素晴らしい景色を見ることができます。900年の重みが作り出す雰囲気と紅葉の美しい色彩のコントラストは、多くの観光客を魅了しています。
また、紅葉の時期の中尊寺では、「秋の藤原まつり」が開催されており、今年は11月1日(日)~11月3日(火)の3日間で開催される予定です。「秋の藤原まつり」では、能や郷土芸能、稚児行列などが行われ、紅葉と同時にそれらを楽しむことができます。この機会に、日本文化に触れてみてはどうでしょうか。

中尊寺の紅葉の見頃は?

10月中旬から次第に色づき始め、10月下旬から11月中旬にかけて紅葉のピークを迎えます。そのため「秋の藤原まつり」が開催される時期には、とても美しい紅葉を楽しむことができます。

中尊寺へのアクセス

車での移動の場合は、東北自動車道の「平泉前沢インターチェンジ」で降りて、国道4号を一関方面へ走行してください。4kmほどで到着します。駐車場は約500台用意されています。駐車料金は、普通車の場合で400円です。
電車を利用する場合は、JR東北本線の「平泉駅」で下車します。そこから岩手県交通バスの「前沢ジャスコ行き」に乗り換えます。10分ほど乗車すると「中尊寺前」に着くので、そこで下車し、徒歩10分ほどで中尊寺に到着します。

スポット詳細

名称:中尊寺
所在地:岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202
定休日:なし
営業時間:8時30分~17時(時期により変動あり)
料金:無料(経蔵周辺は有料拝観区域:金色堂・宝物館・経蔵・旧覆堂は大人800円、高校生500円、中学生300円、小学生200円)
公式サイト:http://www.chusonji.or.jp/

 

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ