秀吉も見たかった紅葉はやはりスゴイ!世界遺産「醍醐寺」の紅葉

  • 1829 |
  • 最終更新:

京都市最大の寺院である「醍醐寺」は、醍醐山全体が寺域となっており、広大な面積を有しています。世界遺産にも登録されており、所蔵している国宝・重要文化財の数は、なんと10万点以上にものぼります。その紅葉の美しさは京都でも随一と言われています。あの豊臣秀吉も期待したという紅葉をご紹介していきます。

http://blogs.yahoo.co.jp/

秀吉も楽しみにしていた醍醐寺の紅葉

醍醐寺には、イチョウやモミジをはじめ、コナラ、リョウブなど様々な落葉広葉樹が生い茂っています。そんな木々たちが、秋に一斉に色づき始める様子は、言葉に表せないほどの美しさといえます。
仁王門をくぐったところにある奥参道では、黄色と赤のコントラストが美しい、モミジのトンネルが迎えてくれます。下醍醐の観音寺が建っている池の周辺は林泉といわれていますが、池と紅葉のコントラストが美しく、水面に映る紅葉も圧巻です。
そんな醍醐寺の中でも、最も人気のあるスポットが「三宝院庭園」です。こちらは、豊臣秀吉が設計をした場所として知られています。秀吉は、春の醍醐寺で「醍醐の花見」という大規模な花見をし、秋にはここで紅葉狩りをしようとしていました。しかし、秋を迎える前にこの世を去り、秀吉の「醍醐の紅葉狩り」はかなわなかったのです。そのため、「秀吉の形見」とも称される「三宝院庭園」の紅葉の美しさは、天下人の設計ともあって、醍醐寺でもトップクラスのものとなっています。天下人に想いを馳せながら紅葉を楽しむのもまた一興です。

醍醐寺の紅葉の見頃は?

醍醐寺の紅葉は、11月初旬に色づき始め、11月中旬~12月上旬が見頃とされています。昼間の醍醐寺もいいですが、ライトアップされた醍醐寺の紅葉は、幻想的な空気に包まれ、その美しさは昼間以上とも言われています。2015年のライトアップは、11月14日(土)~12月6日(日)までとなっています。事前予約が必要なので注意しましょう。

醍醐寺へのアクセス

電車を利用する場合は、京都市営地下鉄の「醍醐駅」が最寄り駅です。2番出口を出て徒歩約10分で到着します。観光客用の案内板が多く出ているのでわかりやすいかと思います。または「JR山科駅」か「六地蔵駅」から京阪バスに乗り換えて約15分乗車し、「醍醐寺前」で下車します。徒歩すぐのところに醍醐寺が見えます。
紅葉の時期の京都は、とてつもない混雑が予想されるため、車やバスの利用はあまりオススメできません。電車も混雑しますが、車やバスに比べるとまだマシだといえるので、電車利用をオススメします。

スポット詳細

名称:醍醐寺
所在地:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
定休日:無休
営業時間:9~17時(ライトアップは18時~20時50分)
料金:伽藍・三宝院・霊宝館拝観料は各600円 / 中・高生300円。
   三カ所共通券は1,500円 / 中・高生750円。
   二カ所共通券は1,000円 / 中・高生500円。
   小学生以下無料 / 上醍醐入山料は600円 / 中・高生300円
公式サイト:https://www.daigoji.or.jp/index.html

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ