長野県軽井沢町「白糸の滝」は紅葉のベストスポット。一級品の美しさ!

  • 3264 |
  • 最終更新:

白糸ハイランドウェイ途中、長野県北佐久郡軽井沢町に位置する白糸の滝は、軽井沢を代表する観光地のひとつです。周辺は整備されていて歩きやすく、滝へ向かう道もすがすがしいと評判です。白糸の滝は春夏秋冬美しい姿を見せてくれますが、特に秋は岩肌の上を鮮やかな紅葉が飾り、見るものを魅了しています。

nomnori.blog61.fc2.com

白糸の滝の紅葉の魅力

浅間山の伏流水が高さ3メートル、幅70メートルの岩肌にわき上がりカーテンのような糸状に流れ落ちている「白糸の滝」。その名の通り白糸のような滝が弧を描いた岩肌を流れる様子は大変美しく、その様子から女性的な滝といわれています。
秋の紅葉のシーズンには、滝の上の山肌や木々や赤く色づき、まさに日本庭園の秋といった風情を感じることができます。紅葉などの観光シーズンは多くの観光客が訪れるため混雑が激しく、紅葉と滝の風情をゆっくり楽しめません。できれば朝早く訪れるのがおすすめです。また、駐車場も大変混雑しますので公共交通機関をつかったほうがいいでしょう。

大人気の「白糸の滝売店」で他にはない長野グルメを!

白糸滝登り口にある売店は、他の観光地の売店とはひと味違うとテレビで放送されるほど話題の人気店です。お土産や産直野菜はもちろん、一番人気のイワナの塩焼きは混雑時には売り切れるほど。15分ほど焼き上がりにかかりますので、紅葉シーズンは白糸の滝に行く前に予約しておくのがベストです。
もう1つの名物、白糸湧水どうふは、醤油や塩で食べるのはもちろん、何とブルーベリージャムやメープルシロップのトッピングがあります。他にもおやき、鹿肉まんなど、ここでしか食べられない人気グルメがいっぱいです。営業時間は9:00~17:00まで。11月中旬から4月中旬は冬季休業です。

白糸の滝の紅葉の見頃

10月上旬から色づき始めます。見頃は10月中旬~11月上旬です。

白糸の滝へのアクセス

東京から
JR 北陸新幹線60分 軽井沢駅北口から草軽交通バスで23分 バス停白糸滝下車。徒歩すぐ
上越道碓井軽井沢IC白糸ハイランド経由約45分

■スポット詳細
名称:白糸の滝
住所:長野県北佐久郡軽井沢町(軽井沢観光会館)
料金:散策無料
公式サイト:http://karuizawa-kankokyokai.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ