美しい渓谷と紅葉に癒やされる!パワースポット赤目四十八滝をじっくり散策

  • 2256 |
  • 最終更新:

三重県名張市の滝川渓谷にある赤目四十八滝は、紅葉の名所として知られています。散策コース入り口の日本サンショウウオセンターからスタートし、往復約3時間の散策で赤目五瀑に代表される大小21カ所にもおよぶ様々な滝と、水面に映る美しい紅葉を鑑賞できます。

http://blogs.yahoo.co.jp/

赤目四十八滝 紅葉の魅力

マイナスイオン効果があるという滝が流れ落ちる音と、赤や黄色に色づいたモミジやカエデ、ヤマザクラなどが滝にうつり、見るものの心をいやします。赤目四十八滝は日本の滝百選、遊歩百選に選ばれるなど高い評価を受けています。最近ではパワースポットとしても人気があります。

毎年大人気のライトアップ

2015年は10月31日~11月30日までの期間、16:00~20:00の時間帯でライトアップが行われます。大変美しく幻想的なイベントですので、少し帰りを遅らせてでも見る価値はあります。

すべてがセットになったお得な切符を販売中

近畿日本鉄道ではお得な「赤目四十八滝 渓谷の自然探勝きっぷ」を2015年11月30日まで発売しています。近鉄各駅から赤目口駅・赤目滝までの往復乗車券、赤目四十八滝入山チケット、温泉入浴や忍者修行体験料金割引、お土産と飲食割引券もついたお得なセットです。
利用期限は2015年12月1日までで、有効期間は乗車開始日から2日間です。近鉄主要駅で発売しています。発着駅により金額は変わります。詳しくは近鉄鉄道のHPをごらんください。
http://www.kintetsu.co.jp/senden/Railway/Ticket/akame/

赤目四十八滝の紅葉の見頃について

赤目四十八滝の紅葉は10月末から色づき始めます。見頃は11月上旬~下旬まで。平成の名水百選にも認定された、美しい滝と紅葉の織りなす風景、そしてライトアップに夜幻想的な風景をお楽しみください。

赤目四十八滝までのアクセス

電車でのアクセス 赤目口駅まで
近鉄線 大阪難波駅より大阪線で約60分
京都駅より京都線・橿原線特急50分(大和八木乗り換え)35分
名古屋駅より関西本線特急80分(伊勢神戸駅乗り換え)大阪線10分名張駅5分

赤目口駅より三交バス約10分 赤目四十八滝

車でのアクセス
大阪松原JCTより天理・針IC経由 約75分
名古屋西ICより亀山・上野IC経由 約105分
京都より木津・伊賀市経由 約135分

■スポット詳細
名称:特定非営利活動法人 赤目四十八滝渓谷保勝会
住所:三重県名張市赤目町長坂861-1
営業時間:4月~11月 9:00~17:00 12月~3月 9:30~16:30
休館日:12月28日~12月31日
料金:大人(高校生以上)400円/小・中学生150円 (日本サンショウウオセンター入場券と共通)
公式サイト:http://www.akame48taki.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ