【奈良県桜井市・長谷寺】「花の御寺」から一望する、初瀬山の鮮やかな紅葉

  • 1847 |
  • 最終更新:

長谷寺は奈良県桜井市初瀬にある、真言宗豊山派総本山のお寺です。初瀬山の中腹に本堂が建っており、四季を通じて様々な植物を鑑賞することができ、秋には紅葉が初瀬山の山間を美しく彩ります。また、10月上旬から12月上旬にかけて「長谷寺もみじまつり」が開催されます。

http://nkdps.blog.fc2.com/

長谷寺の魅力

長谷寺は、大和と伊勢を結ぶ初瀬街道を見下ろすことができる初瀬山の中腹に位置し、四季折々の様々な美しい花が楽しめます。そのため、古くから「花の御寺」と呼ばれており、紅葉が美しく色づく秋には、赤とオレンジに染まる色鮮やかな初瀬山の景色を一望できます。
また長谷寺の本堂は近世前半の大規模本堂の代表として、2014年に国宝にも指定されています。本尊である十一面観音や、その他様々な所有物が重要文化財にも指定されていおり、紅葉だけでなくお寺の景観も一見の価値があります。

長谷寺での紅葉の見頃

長谷寺の木々が色づき始めるのは10月下旬ごろからです。特に見頃の時期は11月中旬。本堂の外舞台から眺められる、五十塔と紅葉に染まった境内が織りなす景色はとても美しく、必見です。

長谷寺へのアクセス

車を利用する場合

名阪国道を針インターで下りて長谷寺の看板に沿って直進、県道38号線を道なりに進んで長谷寺の裏手から駐車場に。または、名阪国道を針インターで下りて国道369号線を榛原・桜井方面へ進み、榛原で国道165号線を右折し、初瀬西の信号を右折し門前町に。

公共交通機関を利用する場合

大阪方面からは近鉄大阪線長谷寺駅を下車し、徒歩でおよそ15分。名古屋方面からは近鉄大阪線長谷寺駅を下車し、徒歩でおよそ15分です。

■スポット詳細
名称:奈良大和路の花の御寺 総本山 長谷寺
所在地:奈良県桜井市初瀬731-1
定休日:無休
営業時間:8:30~17:00(4月~9月)、9:00~16:30(10月~3月)
入山料金:大人:500円 / 中・高生:500円 / 小学生:250円
公式サイト:http://www.hasedera.or.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ