札幌・定山渓ダム下流園地の紅葉とさっぽろ湖の組み合わせは絶景!

  • 2120 |
  • 最終更新:

北海道札幌市の水がめ・定山渓ダムにある「定山渓ダム下流園地」は、札幌市の紅葉鑑賞スポットとして地元の人々や観光客に愛される人気スポットです。こちらの紅葉は9月下旬頃から色付き始め、例年10月上旬から中旬に見頃を迎えます。全国的に見頃が早い北海道へ、一足早く紅葉狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

定山渓ダム下流園地の紅葉の魅力

https://flic.kr/p/gT582N

大自然の絶景を楽しめる公園施設

定山渓ダム下流園地は、小樽内川に建設された定山渓ダムの直下にある公園施設です。約3.3ヘクタールの園内には、ダム資料館や広場、野外展示場、定山渓ダム内部展示場などがあります。また、高さ約117.5メートルのダム堤頂へ続く遊歩道を上がってみてください。深いブルーが印象的なさっぽろ湖と大自然の絶景を同時に楽しむことができます。

定山渓ダム下流園地の紅葉は10月上旬から見頃!

定山渓ダム下流園地の紅葉は9月下旬から色づき始め、10月上旬から中旬にかけて見頃をむかえます。カエデやヤマブドウ、ナナカマド、サクラ、シナノキ、カツラ、ツタウルシ、ミズナラ、シラカンバ、ツリバナ、ハンノキ、ツツジ等のさまざまな木々が、赤・オレンジ・黄色のコントラストを織りなすさまは圧巻です。
またさっぽろ湖の水面に映る紅葉も美しく見応えがあります。足に自信のある方にはダム資料館左奥から登れる「小天狗岳」登山もおすすめです。こちらからはさっぽろ湖の全体を眺めることができますよ。

定山渓ダム下流園地へのアクセス

定山渓ダム下流園地へは電車・バス、車でアクセスできます。
電車・バスの場合は、JR「札幌駅」または地下鉄南北線「真駒内駅」から、定山渓温泉行きの「じょうてつバス」に乗車して、「定山渓大橋」停留所で下車、徒歩約20分です。
車の場合は、札幌市街から国道230号経由で約45分です。公園入口に無料駐車場(100台)を完備しています。
紅葉狩りと合わせておすすめなのが、車で15分の距離にある「ノースサファリサッポロ」。ウォーキング・サファリ(動物の柵の中に人が入って観察するスタイル)では、ミーアキャットやナマケモノなど珍しい動物とふれあうことができ、BBQやセグウェイ体験も楽しめます。ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう。

■スポット詳細
名称:定山渓ダム下流園地
所在地:北海道札幌市南区定山渓8区
開園期間:2016年4月29日(金)~11月3日(木)
開園時間:9:00~17:00
見頃:例年10月上旬~10月中旬
入園料:無料
公式サイトURL:http://www.city.sapporo.jp/ryokuka/midori/shizen/jyouzankei/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ