境内に漂う凛とした空気。厳格な雰囲気の中で堪能する福井・永平寺の紅葉

  • 802 |
  • 最終更新:

曹洞宗大本山の永平寺は、1244年に開創建された出家参禅のための道場です。修行僧の生活の中心となる僧堂や浴室、東司(手洗い場)は「永平寺三黙道場」と呼ばれ、私語を禁じています。厳格な雰囲気が漂う場所ですが、四季の移ろいが美しく、境内は観光客で賑わいます。

http://92919274.at.webry.info/

永平寺の紅葉の魅力

永平寺は700年以上の歴史を誇る名刹であり、春夏秋冬を直に体感できる場所でもあります。春は芽吹きが始まり、夏は草木が青々と茂り、秋には紅葉が始まります。
参道には老木や大木が立ち並び、永平寺の出入口に近い場所にある報恩塔(ほうおんとう)や祠堂殿(しどうでん)の付近、最奥の法堂(はっとう)周辺が紅葉の見所スポットです。静寂が支配する境内を、ただ自然の息吹だけを感じながら歩いてみましょう。いつもより五感が研ぎ澄まされて、美しい物はより美しく感じられることでしょう。
紅葉狩りで注意したいのは、この寺は修行のための空間だということ。参拝時は左側通行を守り、静かに歩きましょう。美しい紅葉、建物の撮影は認められていますが、修行僧にカメラを向けることは禁止されています。ルールを守って美しい景色を堪能しましょう。
 

紅葉の見頃時期について

例年の色づき始めは10月下旬。見頃は11月上旬までです。ケヤキなどが紅葉し、降雪を迎えます。
永平寺を訪れる際は、午後4時前には入山をしていないと境内まで入ることができないので注意が必要です。石の階段を徐々に上っていくにつれ、下界と切り離されていくような、神聖な雰囲気を感じられ、心も自然と引き締まっていきます。

永平寺へのアクセス

電車でのアクセスは、えちぜん鉄道勝山永平寺線「永平寺口駅」から京福バスで「永平寺本山前」下車徒歩すぐです。バスの場合は「福井駅」から京福バス特急永平寺ライナーで約30分、「永平寺」または「永平寺門前」下車徒歩すぐです。車で向かう場合は、北陸道「福井北IC」から国道416号・364号経由で約15分です。

スポット詳細
名称:永平寺
所在地:福井県吉田郡永平寺町志比10-5
定休日:無休
拝観時間:午前8時から午後5時まで(午後4時までに入山)
料金:無料
公式サイト:http://www.eiheiji.jp/webapps/www/index.jsp

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ