紅葉の名所「大原 三千院」で、京都の秋を体感しよう。境内には見所スポットが満載!

  • 1604 |
  • 最終更新:

京都・大原の「三千院」は、国宝など多くの文化財が安置される寺院です。杉木立に囲まれた有清園の杉苔にはわらべ地蔵が置かれ、観光する人々を迎えてくれます。参道に沿ってカエデが植えられ、苔との美しい色合いを楽しめる、大原 三千院の魅力をご紹介します。

http://plaza.rakuten.co.jp/

大原 三千院の紅葉の魅力

三千院の紅葉では「三千院朱雀門」と「往生極楽院」「有清園」がおすすめのスポットとして知られています。

朱雀門

往生極楽院の南側にある門で、苔むした石垣の佇まいと赤い門、オレンジに紅葉する葉との相性が抜群です。

往生極楽院

三千院の歴史の源とされる場所で、簡素ですが紅葉の色合いが、往生極楽院の魅力を引き立てていきます。

有清園

青苔やスギ、ヒノキなどが植えられた美しい庭です。針葉樹の木々と紅葉した赤や黄色の色彩、青苔との風合いは、秋らしさが伝わってきます。
他にも、「宸殿」前の紅葉や、「聚碧園」に広がる緑の庭園と、そこから見える赤の紅葉樹の味わいも一見の価値ありです。

紅葉の見頃時期について

例年の色づき始めは11月上旬からで、見頃は11月中旬から11月下旬です。
紅葉する木の種類カエデなどがあり、三千院の参道奥には宝泉院もあります。宝泉院でも同じく紅葉を楽しめて、カエデのほか、桜やドウダンツツジなどの紅葉を見る事ができます。

大原 三千院へのアクセス

電車JR京都駅から大原行き京都バス約1時間「大原」下車徒歩約10分、地下鉄烏丸線国際会館駅から京都バス約20分「大原」下車徒歩約10分です。
車の場合は、名神高速「京都東IC」から国道161号・湖西道路経由で「真野IC」におり「途中」方面へ向かいます。「途中」を経由して「大原」方面を進むと到着します。
渋滞などで所要時間が長くなることと、境内に駐車場がないため、公共交通機関の利用をおすすめします。

スポット詳細
名称:大原 三千院
所在地:京都府京都市左京区大原来迎院町540
定休日:無休
開門時間:3月~11月 9:00~17:00、11月 8:30~17:00、12月~2月 9:00~16:00
料金:拝観料 一般700円、中高生400円、小学生150円
公式サイト:http://www.sanzenin.or.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ